流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

産経新聞社

独裁国家を攻めまくる! 『それ行け!天安悶2 トランプタワー大統領登場編』好評発売中

このエントリーをはてなブックマークに追加

産経新聞出版(産経新聞グループ)発行の4コマ漫画『それ行け!天安悶2 トランプタワー大統領登場編』(本体1200円+税)が好評発売中です。著者は月刊「正論」で連載中の漫画家、業田良家氏。単行本化の第2弾です。詳細は、産経新聞出版ホームページ( http://www.sankei-books.co.jp/ )をご覧ください。

独裁国家を攻めまくる! 架空の国「大華国」の独裁者・天安悶の前に、米国(こめこく)のトランプタワー大統領が立ちはだかる。最強商人が仰天のディールで独裁者をやりこめるさまは現実よりリアル。南恨国のムーン大統領など強烈キャラの登場で前作よりパワーアップ。桜国のアンベ首相も健在です。毒と笑いのオールカラー!

〈目次〉
第1章 宇宙的独裁者の野望発射! 「大華国が宇宙を征服してやるっぺ」
第2章 怒髪大統領VS.伝説の独裁者! 「坪いくらだ?」「不動産じゃないっぺ」
第3章 米国と大華国の貿易戦争! 「喧嘩中でも農産物は買えよ」「押し売りだっぺ!」

〈著者略歴〉
業田良家(ごうだ・よしいえ)
昭和33年7月27日、福岡県甘木市(現・朝倉市)生まれ。昭和58年、「ヤングマガジン」(講談社)の『ゴーダ君』でデビュー。昭和60年~平成2年、「週刊宝石」で『自虐の詩』を連載、平成19年には中谷美紀・阿部寛主演、堤幸彦監督により映画化された。
平成21年には『ゴーダ哲学堂』(小学館)所収の『空気人形』がペ・ドゥナ主演、是枝裕和監督により映画化。「ビッグコミック増刊号」(小学館)で連載中の『機械仕掛けの愛』は、第17回手塚治虫文化賞短編賞と第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。平成25年より月刊「正論」(産経新聞社)で『それ行け!天安悶』を連載中。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る