流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

Aukey Technology Co.,Ltd

AUKEY大容量10000mAh普段使いに最適な軽量モバイルバッテリーPB-XN10が1000円オフセール、USB-Cで入出力も出来るためACアダプターの変換コネクターを持参しなくとも良い♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

クーポンコード「AUKEYXN10」

薄型、コンパクトながら容量の大きい「モバイルバッテリー」を持っていると便利です。AUKEY10000mAhモバイルバッテリーPB-XN10(URL:https://amzn.to/2JeG5Kl)34%オフセールをAmazon.co.jpにて開催致します。6月6日(土)から6月10日(水)まで限定、クーポンコード「AUKEYXN10」を利用することで1,980円でご購入いただけます。

ますます普及となった急速充電のしくみUSB Type-Cポートを持つの「モバイルバッテリー」は、Mac Book、Androidスマホへの依存度が高まる方に、ストレスはグッと解消されます。10000mAhの大容量で本体への充電はUSB-CケーブルとMicroケーブル両方とも可能です。また、USB-Cポートが入出力とも最大3Aまで対応可能でお手元のUSB-C機器をフルスピードで最適切な電流を提供できます。高品質なリチウムポリマー電池の採用により、安全性が高く、安定性も良いです。最もパワフルながら薄型コンパクト設計で優れた保護機能により長期間安心してご使用いただけます。日常生活やビジネスだけでなく、旅行や出張、ノマドワーク、災害対策等としての必携品です。

商品特徴
1.【USB-C入力/出力】
USB -C(入力/出力)1本だけで十分!持ち運びに便利になります。2台デバイスを同時充電可能です。

2.【安心な大容量】
フィットする薄型でスタイリッシュなデザインに、コンパクトでありながら、iPhone XSや8 Plus、Galaxy S9を約3回充電できるバッテリー容量を搭載しました。

3.【独自のAiPower技術】
AiPowerテクノロジーを採用しており、接続された端末の入力電流を自動に検知できます。回路保護システムにより、過電圧、過電流、過熱、および回路のショートを防げ、高い安全性でパワフルかつ安全な充電を提供できます。

4.【電量残量表示ランプ】
4段階LED電源インジケーター搭載で、簡単に分かりやすくバッテリー残量を確認できます。

5.【パッケージ内容】
10000mAh USB-C モバイルバッテリー、Micro-USB ケーブル、取扱説明書、2年保証カード。

商品仕様

容量:10000mAh / 37Wh
電池のタイプ:リチウムポリマー
Micro-USB 入力:DC 5V 2A
USB-C 入力/出力:DC 5V 3A
USB-A 出力(AiPower):DC 5V 2.4A 最大
総出力:15W
寸法:124 x 70 x 15 mm
重量:195g

販売価格
2,980円

商品ページ
https://amzn.to/2JeG5Kl

キャンペーン情報
2020年6月6日(土)~2020年6月10日(水)

[表: https://prtimes.jp/data/corp/26760/table/770_1.jpg ]

ご注意:
※クーポンは1つのアカウントで1回のみ有効、1回の注文で1枚ご利用いただけます。
※500台の限定数量に達す場合、有効時間以内でも、クーポンが無効となります。予めご了承ください。

AUKEYについて

AUKEY(オーキー)は、10年以上のハードウェア開発の経験を有し、先端技術を採用して信頼性の高い家電製品とスマートフォン周辺機器を開発・生産しております。私たちは細部にこだわって実用性も備えた製品の提供に努めている技術チームです。USB-Cアクセサリからスマホレンズ、Bluetoothオーディオ製品まで、私たちはより快適なデジタルライフを提供するため、製品ポートフォリオを継続的に開発および拡張していきます。
AUKEYはAmazonトップグローバルセラーであり、日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、カナダ、フランス、スペインなどを中心に20カ国以上で販売しております。お客様にご満足いただけるよう、商品づくりを目指し、2年間安心保証付き、日々サービス向上に努めています。
公式サイト:https://jp.aukey.com/
Twitter:https://twitter.com/AUKEY_jp
Facebook:https://www.facebook.com/Aukey.jp
AUKEY JAPAN (メーカー直営店):https://www.amazon.co.jp/aukey

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る