流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

株式会社パルコ

PARCO出版12月新刊案内 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ずん 飯尾和樹 初エッセイ発売決定!!

『どのみちぺっこり』
著 飯尾和樹(ずん)唯一無二のナンセンスギャグを繰り出す
お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹による
“飯尾節”満載の初エッセイ集!!

報道関係者各位                          株式会社パルコ

ずん 飯尾和樹 初エッセイ発売決定!!

PARCO出版12月新刊『どのみちぺっこり』
12月渋谷パルコギャラリーXにて個展開催決定!!
『どのみちぺっこり』
著 飯尾和樹(ずん)
唯一無二のナンセンスギャグを繰り出す
お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹による
“飯尾節”満載の初エッセイ集!!

「ぺっこり45 度」「ぱっくりピスタ~チオ」「よろけたついでに由美かおる」など、独自の世界観でギャグを繰り出し続ける、お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹による初のエッセイ集。50歳という節目を迎え、幼少期から今にいたるまでを振り返り、家族、友人、恋人、芸人らとの印象的なエピソードや、ユニークな考え方など、肩の力を抜いて読める“飯尾節”がちりばめられた1冊です。
■内容(見出し)
スケールの小さな打者/母のディフェンス力/もしもあの日に戻れるなら/告白は自分から…それは告白されないから…/父親ゆずりの癖っ毛/図々しさがあればこそ/見出された歌の才能/相方は土足芸人/キツいロケのマイハート/何よりも恐れている業界病/花占いの結果はススキ/このお金は受け取れない etc.

「初孫だったから、髪を切っただけで“ハンサム”と言われるような、甘ったれた環境でした」(本文より)

■著者/飯尾和樹(いいおかずき)
お笑い芸人。1968年12月22日、東京都生まれ。1990年、浅井企画に所属。お笑いコンビ「チャマーず」「La.おかき」を経て、2000年にやすと「ずん」を結成し、ボケを担当。現在では、「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ)や「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日)など多数のバラエティ番組に出演するほか、ドラマや映画へと活躍の場を広げている。主な出演作品には、ドラマ「アンナチュラル」(TBS)や「獣になれない私たち」(日本テレビ)がある。

■書名『どのみちぺっこり』/著者:飯尾和樹(ずん)
PARCO出版/2019年12月23日発売予定(全国書店およびAmazon)
サイズ:四六判・並製/頁数:192ページ/定価 本体1,400円(税別)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る