SEARCH
「行ってよかった日本の展望スポット2014」で3年連続1位を獲得したのは…?

春の行楽シーズン、あたたかい日差しが感じられるようになったら、絶景スポットへ出かけてみない?トリップアドバイザーは「行ってよかった日本の展望スポット2014」を発表した。

1位には、3年連続で「清水寺(清水の舞台)」(京都府・京都市)がランクイン。京都全体が見渡せる名所として四季折々の表情を見せ、訪れる人を魅了し続けている。

口コミでは、「清水の舞台からは、ライトアップされた紅葉と京都の素晴らしい街並みが一望できる絶景スポットです!!そして、172本の柱が支える1本も釘が使われていない日本の技術も素晴らしいです!」といったコメントが寄せられていた。

2位「大倉山ジャンプ競技場」(北海道・札幌市)では、「ジャンプ台上から、遠くに大通公園やTV塔を見下ろす眺望は抜群。そして展望台に立つと、選手の勇気と凄さを身をもって体感できる」など。

3位「東京タワー」(東京都・港区)では、 展望台も季節に応じたライトアップがされているので外から見ても、上っても楽しいです。とーっても大好きな場所です。2月始めの夕暮れ時は、運がいいとダイヤモンド富士も見えますよ」などのコメントが見られた。

また、新たに広島県尾道市の「千光寺」、島根県出雲市の「出雲日御碕灯台」、徳島県鳴門市の「徳島県立渦の道」などのユニークなスポットがトップ10入りを果たしている。

20位までのランキングは、特設ページ(http://www.tripadvisor.jp/pages/Lookout_2014.html)で見ることができる。ランキングを参考に春の旅の計画を立ててみてはいかがだろうか。きっと感動の絶景体験が待っているはず!

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable