SEARCH
カップヌードルに野菜たっぷり、しっかり食べても低カロリーな「カップヌードルライトプラス」登場

日清食品株式会社は、「カップヌードルライトプラス ラタトゥイユ」「カップヌードルライトプラス バーニャカウダ」(各1食180円・税別)を3月23日(月)に新発売する。

「カップヌードルライトプラス」は、たっぷり野菜で食べ応え抜群、なのにカロリーは198kcalに抑えた、脂質を”ライト”に、食物繊維と野菜を”プラス”した新しいコンセプトの商品だ。

レタス約2個分の食物繊維を練り込んだ麺は、おいしさとカロリーカットを両立しただけでなく、すすらずに食べられるよう、長さを「カップヌードル」の半分程度にしている。

スープは、野菜のうまみが溶け込んだトマトベースの「ラタトゥイユ」と、アンチョビのうまみとガーリック風味が食欲をかきたてる「バーニャカウダ」の2種類。これまでのインスタントラーメンにはなかった新しいおいしさだ。

具材には、彩りと食感のバリエーションが豊かな野菜をたっぷりと、色とりどりの大ぶり野菜がカップいっぱいに広がり、見た目も食べ応えもボリュームたっぷりだ。ラタトゥイユ味は、野菜のうまみがたっぷり溶け込んだトマトベース。バーニャカウダ味は、アンチョビやガーリックの風味が食欲をかきたてるミルキーなバーニャカウダ風スープで、どちらもオシャレ感のあるテイストだ。

麺、スープ、具材をすべて食べても198kcalという”しっかり食べ応えはあるのに低カロリー”を実現した「カップヌードルライトプラス」は、”ヘルシーな食事はしたいけど、我慢もしたくない”という方にこそ食べてもらいたい新しいカップヌードルとなっている。
麺もみじかく食べやすく、おしゃれな味は女性に特に支持をされそうだ。「カップヌードルライトプラス」でヘルシーな春を!

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable