SEARCH
【東京】見た目も味も違う世界最大級100種以上!二子玉川で「2016カレーパン博覧会」開催

日本カレーパン協会によると、100種類以上のカレーパンが一堂に集まる「2016カレーパン博覧会」を3月6日(日)11:00よりiTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズにて開催するとのこと。

開催日の3月6日(日)は啓蟄(けいちつ)の翌日。啓蟄は、日本の季節を分ける二十四節気の3番目。「啓」は「開く」、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」という意味があり冬籠りの虫が這い出る時期を示したといわれている。

カレーパンを冬籠りの虫と見立て、冬の時代から世の中に出るという意味を込めてこの日にしたそう。

カレーパンは日本で生まれた日本食。同協会は日本食の祭典の日本以外での開催は考えられないと語っている。

博覧会の会場では、トレーを持って好きなパンを選びレジで購入でき、小銭が出ないようPASMOや SUICA などの交通系電子マネーを採用する予定。

もちろん、イートインスペースも設けるとのことで、会場や自宅でカレーパンを楽しめそうだ。売り切れ次第終了となるので来場はお早めに。

iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズで、たくさんのカレーパンを味わってみて!

http://www.reservestock.jp/events/105181

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable