SEARCH
銀座でお得に利き酒を楽しもう!今回で11回目となる「春の酒まつり」前売りチケット販売開始!


広島県のブランドショップ「TAU(たう)」をはじめ、銀座に構える7県のふるさとショップが合同で3月4日(金)~6日(日)の3日間「ぶらり銀座 春の酒まつり」を開催する。前売りチケットは完売することもあるので、購入はできるだけお早めに。

7県とは、広島・山形・茨城・福井・高知・沖縄・石川のことで、広島の「千福 純米大吟醸無濾過生原酒」や「大長檸檬酒」など各県自慢のお酒を利き酒ラリーでお得に楽しめる。

同まつりの注目イベントは、鏡開きセレモニー(3月4日(金)16:00~16:20)となっており、広島ブランドショップTAU1階入口付近にて、7県のアンテナショップスタッフが集合。そこでふるまい酒を配る予定。

「酒まつり」は、プレオープン(3月4日(金)17:00~19:00)、本開催(5日(土)10:30~18:00・6日(日)10:30~17:00)の日程で各県自慢のお酒を1杯(約50ml)呑むことができ、おつまみも試食可能。カードは先着800枚で前売券は4日(金)まで1400円で販売。当日券は1500円。スタンプカードを購入できなかった人も、各店1杯ずつ有料で試飲できるので安心して。

スタンプカード購入特典として、スタンプを7県すべて集めて応募箱に投函すると、後日抽選で7県のふるさと特産品が当たるのもうれしいところ。このほか各県ショップが特典を用意。

そして、4日(金)17:00~には三宅本店「千福」、6日(日)午後には梅田酒造場「本洲一」の蔵元もTAUに登場。お酒好きの人は、ぜひこの3日間を楽しんでみて。

詳細はこちらから http://www.tau-hiroshima.jp/s_event/7630

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable