SEARCH
フランス人間国宝がつくる秋のショコラはいかが?


この時期ならではの最高のショコラを手に入れて、至福のひとときを過ごしてみない?

渋谷区神宮前にある「イルサンジェー東京ブティック」に、秋にとれるジュラ地方の素材を使ったショコラ3種が数量限定で到着。これまでのものと合わせて7種類のショコラオータムが揃ったという。

10月12日より新たに店頭にお目見えするのは、「マロンクリーム・バニラガナッシュ」と「グリーンカルダモンガナッシュと唐辛子のヌガティーヌ」、「サフランのマジパン」(各840円)。


いずれもフランス人間国宝のエドワール・イルサンジェーがアルボアの裏山で収穫した秋の果実を使用して作ったという、ここでしか手に入らない特別感なショコラばかりだ。


「マロンクリーム・バニラガナッシュ」は、マダガスカル産の最高級バニラのガナッシュと、秋の定番フランス産マロンのマリアージュが秀逸。栗はエドワール本人と工房のお弟子さんが選別して拾ったもので、皮を剥く作業はエドワールの家族も加わり、団欒のようなひと時になるのだとか。


「グリーンカルダモンガナッシュと唐辛子のヌガティーヌ」は、カルダモンのガナッシュの上に、アーモンドをキャラメルで煮詰めてバスク地方産の唐辛子を入れたヌガーを乗せたもの。ハーブとお菓子の組み合わせを大切にしているエドワールならではのショコラだ。


「サフランのマジパン」は、香り華やかな、最高級スパイスのサフランをふんだんに使用した大人の味。クロコのデザインも独創的で美しい。ワインとのマリアージュを楽しむのがおススメ。


ひとつひとつ手作業でつくられた、まるで宝石のようなイルサンジェーのショコラ。1粒からでも購入できるので、ぜひ一度極上の味わいを楽しんでみてはいかが?完全予約制なので、訪れる際は予約するのをお忘れなく。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable