SEARCH
猫派も犬派もとろけるカレンダーが綴じ込みで登場

 

新年に合わせて購入するカレンダー。動物好きの人は、猫や犬が写っているカレンダーを買う人も多いのではないだろうか。そんな動物好きな人におすすめの可愛いカレンダーが、なんと週刊誌の綴じ込みで登場。

現在の猫ブームを牽引してきた第一人者で、日本を代表する動物写真家・岩合光昭。そんな岩合光昭撮影の犬&猫カレンダー「君といつまでも」が、朝日新聞出版発行の「週刊朝日」に、特別綴じ込みとして付いてくる!

今回特別に選ばれたテーマは、犬と猫のカップル。猫の頬に犬がキスする姿や、猫パンチのポーズを取る姿など、愛らしさたっぷりで、猫派だけでなく犬派もとろけること間違いなしのカレンダーとなっている。「君といつまでも」のタイトルも、じわりと心にしみてくる。

「週刊朝日 2017年1月20日号【表紙:木村拓哉】」の価格は380円(税込)。一部地域を除き1月10日(火)より、全国書店などで購入可能。

センターグラビア綴じ込みのため、外せばそのまま飾れる特別版。岩合ファンはもちろん、猫好き犬好きはお買い逃しなく!

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable