SEARCH
春は優雅にエビのタルティーヌとシャンパーニュはいかが?


昨春以来、話題となっている“フランスを代表する2大メゾンの饗宴”に、新メニューが登場した。フランスのシャンパーニュ地方で1772年に創業されたたシャンパーニュ・メゾン『ヴーヴ・クリコ』と、フレンチシェフ『ジョエル・ロブション』によるコラボの新作を味わってみて。


新宿駅直結の複合施設『NEWoMan』開業1周年を記念して3月18日(土)より登場する新メニューは、タルティーヌ「天使エビとアボカドのタルティーヌ」650円(税抜)。シャンパーニュ グラス1杯と焼きたてのタルティーヌ1種を楽しめる特別なセットメニュー「クリコ グルマン タルティーヌ」で楽しめるタルティーヌの新作だ。

「天使エビとアボカドのタルティーヌ」は、黄色に輝く天使エビとアボカドをのせた色鮮やかな春らしい一品。海老の頭からとった濃厚なソースとアイオリソースの2種のソースを組み合わせ、かすかに香るカレー風味とエビのミネラル感&玉ねぎの酸味がヴーヴ・クリコのシャンパーニュと特別なマリアージュを奏でる。「クリコ グルマン タルティーヌ」は、タルティーヌ定価+925円。

伝統と最高品質のクオリティ、エレガントでスタイリッシュな感性で人々を魅了するヴーヴ・クリコと、独創性と美食への飽くなき探求が世界で認められているフレンチ巨匠ジョエル・ロブションの夢のコラボにふれることで、豊かな感受性が体の内側から沸いてきそうだ。優雅な週末のブランチや自分へのご褒美アペリティフとして“2大メゾンの饗宴”を楽しんでみて!

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable