SEARCH
ピノ・ノワール100%使用!チリワイン「アルパカ」で乾杯

金色の“アルパカ”の親しみやすいラベルデザインと、手頃な価格ながら本格的な味わいが楽しめるワインとして好評のチリワイン「サンタ・ヘレナ・アルパカ」から、希少なぶどう品種であるピノ・ノワールを100%使用した「サンタ・ヘレナ・アルパカ・ピノ・ノワール」(瓶750ml)が登場!3月28日(火)より全国で発売される。

ピノ・ノワールは、フランスのブルゴーニュ地方が主要産地で、渋みが少なく、淡いルビー色が特長。涼しい気候で育つぶどう品種であることから、チリでは栽培が難しいとされており生産量が限られている品種である。サンタ・ヘレナ社では、品種ごとの特性を配慮したきめ細やかな栽培管理により、高品質なピノ・ノワールの栽培に成功し、アルパカの新アイテムとして発売が可能となった。

また、通常の赤ワインよりも低い温度で、より丁寧に醸造することで、ピノ・ノワールエレガントな香味を最大限に活かし、高品質でありながらカジュアルに楽しめるワインとなった。ラスベリーのようなフレッシュな果実味と渋みが少なくなめらかな口当たりも特長だ。

渋みが少ないため、ワイン初心者も気軽に楽しめる一杯となっている。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable