流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

バーボン樽熟成原酒100%、芳醇さが特徴の新作ウイスキー

このエントリーをはてなブックマークに追加


1879年創業のスコッチウイスキー業界のパイオニア「ザ・グレンロセス(THE GLENROTHES)」から新作が登場。昨年3月に販売を終了した「ザ・グレンロセス アルバ・リザーヴ」を一新させた「ザ・グレンロセス バーボン・カスク・リザーヴ」を1月30日(月)より発売する。

販売が終了した「アルバ・リザーヴ」は、「ザ・グレンロセス」のラインアップの中でも独特なバーボン・カスクで熟成した原酒を100%使用したアイテムで人気を博していた。

今回、新しく登場した「バーボン・カスク・リザーヴ」は、ファースト・フィルのバーボン・カスクで熟成した原酒を「アルバ・リザーヴ」より、多く使用。樽にこだわり、“ヴィンテージ” シングルモルトが身上の「ザ・グレンロセス」ならではのコレクションとなっている。

淡黄色のクリアで明るめの外見で、フレッシュでフローラルでありながら、甘いヴァニラの香り。味わいは柔らかくまろやかでいて、時間がたつと滑らかで甘く、余韻が程よく続く。アルコール度数40度、容量700ml、本体価格は6000円。

バーボン・カスク由来のフレーバーを優雅にまとった、芳醇さが特徴の逸品をぜひ味わってみて。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事