SEARCH
原画で見たい!「キングダム」作者が描く、佐賀県の偉人


Ⓒ原泰久/集英社

佐賀県が、あの大人気漫画の作者とタッグを組む!

3月17日(土)から開催される、幕末維新期の佐賀の偉人や偉業を伝えていく「肥前さが幕末維新博覧会」をPRするメンバー組織「肥前さがFAN」に、あの大人気漫画「キングダム」の作者で、佐賀県出身の原泰久氏が参画することが決まった。

参画を記念し、原氏が書き下ろした「佐賀藩第十代藩主 鍋島直正公」のイラストを特設サイトに公開するほか、期間中に原画をメインパビリオン「幕末維新記念館」に展示する。

また、2月19日(月)から2週間、福岡県福岡市内バス停広告「シティスケープ」にもこの原画を用いたデザインで博覧会をPRしている。

原氏は、「出身佐賀県の大イベントにこういう形で 参画できることを心から嬉しく思っております。藩主鍋島直正は、幕末の動乱期に、国内最強の軍事力を作り持ちながら、冷静沈着に時勢を見定めた賢人です。それととともに、幕府側、討幕側からの圧力にも屈しなかった豪胆な人でもあり、残っている写真のお顔からもその”強さ”が伺えます。絵では、静かな眼力と表情、佇まいの部分にこだわり、鍋島直正はこういう人ではなかったろうかと、思いをはせて描かせて頂きました。」とコメントしている。

静の中に激しく燃えるものを感じる鍋島直正公のイラスト。ぜひ原画をこの目で確かめたい!

『肥前さがFAN』特設サイト ( https://hizensaga-fan.com/ )
『肥前さが幕末維新博覧会』公式サイト ( https://www.saga-hizen150.com )

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable