流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

サラベス名古屋店にボリューミーでヘルシーな丼メニュー登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


NY発祥のレストラン「サラベス」名古屋店に、8月のディナータイムから、アジアのテイストを盛り込んだヘルシーなボウル(丼)メニュー「ブッダボウル」「パワーボウル」各1450円(税別)が登場する。どちらも玄米をベースに赤米やキヌアを合わせた雑穀米にたっぷりの彩り野菜などをトッピングした、“ボリューミーなのにヘルシー”感満載のアメリカ逆輸入丼メニューだ。


「ブッダボウル(Buddha Bowl)」は、アメリカでも特に西海岸に住むヘルシー志向の人たちの間でブームになっているコールド(冷)タイプの丼メニュー。“雑穀+いろいろ野菜+ドレッシング”を盛り込んだ、言うなれば“サラダボウル“のことで、栄養バランスを考え、豆腐やアボカドなどでボリュームを出したさっぱりした味わいが特徴だ。

アメリカでは、ベジタリアンという概念を仏教の“禅”と関連したものとして考えていて、野菜類がたっぷり盛られたボウルが、仏教を開いたブッダのお腹に似ているという発想から「ブッダボウル」と呼ばれるようになったとか。フェタチーズとビーツピクルスの酸味がアクセントになっている。


一方、「パワーボウル」は、やっぱり野菜だけじゃ物足りない!というリクエストに応えるパワーアイテム。玄米と赤米をふっくら炊き上げ、フライドフィッシュをトッピング。シャキッとした食感がアクセントの野菜に、ハーブの香りをまとったフライドフィッシュがボリューミーでありながらさっぱりとしたテイストを演出している。

■「サラベス 名古屋店」
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1-3 タカシマヤ ゲートタワーモール 1F。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事