流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

ほんものの京都が学べる!「みやこ学び旅2019」開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


JTBは、“ほんものの京都”を学ぶプログラム「みやこ学び旅2019」を、3月20日(水)~23日(土)に開催する。今年のテーマは「日本の歩みを知る―京都・伏見の足跡―」。

「みやこ学び旅」は、大人の知的好奇心を充たす短期集中講座。専門家による座学講座とゆかりの地での課外講座を組み合わせて、「ほんものの京都」の魅力を学び、歩き、触れ、体験することができる。

これまで、2017年に「幕末維新と大政奉還」、2018年に「明治維新と西郷隆盛」をテーマに開催してきた。全国から多くの人が参加し、専門講師の講義に熱心に耳を傾け、京都の史跡を辿りながら奥深い京都の歴史や文化を学んだ。


2019年春は、日本の歴史において重要な役割を果たしてきた「京都“伏見”」の歴史に着目。

京都“伏見”と言えば、酒蔵のまち、お稲荷さん、坂本龍馬などが有名だが、これらのイメージは“伏見の魅力”のほんの一部。

かつては渡来人たちが移り住み、平安貴族が愛でた風光明媚な里であり、のちに離宮が置かれ、さらには天下人が城を築き、明治の新しい時代を切り開く先駆けとなった地、それが“伏見”だ。

世の中を動かした人々が惹かれた“伏見”の歴史を深く学べば、新たな角度からの「日本の歩みの縮図」を知ることができるだろう。


講座内容・参加費用は日により異なり、3月20日(水)は「宮様の伏見 中世」で旅行代金7000円。3月21日(木・祝)は「山の伏見 中近世 移行期」で旅行代金9000円。3月22日(金)は「浜の伏見 近世」で旅行代金1万円。3月23日(土)は「酒の伏見 近代」で旅行代金1万円。3月20日(水)~23日(土)の全4コース参加の場合、旅行代金は3万5000円となる(すべて税込、日帰り旅行・大人一人の金額)。

申し込みはJTB京都支店「みやこ学び旅2019事務局」、WEBサイト「JTBたびーと」から。

歴史背景を学ぶことで、今までと違った京都の楽しみ方が広がりそうだ。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事