流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

スヌーピー×サイエンスアートの展覧会が横浜で開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加


スヌーピーを心あたたまるサイエンスを通して表現するスヌーピー×おもしろサイエンスアート展「SNOOPY FANTARATION」が、横浜赤レンガ倉庫1号館で4月18日(木)より開催!

20世紀のアメリカを代表する漫画家チャールズ M. シュルツ氏による新聞連載コミック「ピーナッツ」のキャラクター・スヌーピー。コミックは現在も75ヵ国21の言語、2200紙で掲載されており、60年以上にわたって世界中の人々に愛されているお馴染みのキャラクターだ。


この展覧会の仕掛け人は、シュルツ氏と親交の深い日本人アーティスト大谷芳照氏。同展では、愛知工業大学の協力によるロボット「スヌーピーダンスロボ」や、


木工作家や造形作家など、それぞれのジャンルで活躍するアーティストが制作した新しいスヌーピー作品といった、従来のスヌーピー展覧会ではあまり例を見ない作品約80点が楽しめる。

さらに大谷氏がシュルツ氏監修のもと「スヌーピータウン」プロジェクトのために制作し、その後アメリカに寄贈された「からくりオブジェ」も特別展示される。

販売コーナーには、同展オリジナルグッズ約350アイテム以上を含むスヌーピー関連グッズが並ぶので、そちらのチェックも楽しみだ。


「SNOOPY FANTARATION」は4月18日(木)~5月12日(日)に開催。時間は11時~19時(入場は閉場の30分前まで)。入場料は一般1000円(前売り900円)、高校生800円(前売り700円)、中学生600円(前売り500円)、小学生400円(前売り300円)。

サイエンスアートが繰り広げる新しいスヌーピーの世界を楽しもう!

© 2019 Peanuts Worldwide LLC www.SNOOPY.co.jp

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事