流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

川崎「生田緑地ばら苑」に “秋バラ” 2900本のシーズン到来!

このエントリーをはてなブックマークに追加


川崎市の「生田緑地ばら苑」では、2900本ものシックで色濃い秋のバラが、もうすぐ満開に!


世界には、約2万種以上のバラが存在すると言われているが、バラは春だけ咲く「一季咲き」と、春以降に見られる「返り咲き」、春・夏・秋の3シーズンで開花する「四季咲き」の3タイプに分けられるそう。


関東では10月中旬から11月上旬にかけて秋バラを楽しむことができ、「生田緑地ばら苑」では10月17日(木)~11月10日(日)の期間で秋の一般開放を実施する。入苑料は無料。


川崎市多摩区に立地する生田緑地内の「生田緑地ばら苑」は、周囲を多摩丘陵の樹林地に囲まれ、360度の緑のパノラマと清涼な空気を体感できる“秘密の花園”として親しまれている。開苑当時「東洋一のバラ苑」と称された同苑は、多くの市民ボランティアに支えられ、春には805種類3296株、秋には625種2916株のバラが咲き誇る。


秋のバラは、春に咲くバラに比べ数は少なくなるが、春のバラと違いゆっくりと開花していくため、花本来の模様が出やすく、シックな色合いと豊かな香りが特徴なのだという。


また、開苑中はバラを使った商品を発売予定。「バラのアイス」300円(税込)、「ローズジュース」350円(税込)、「ローズジャム」1000円(税込)がローズガーデンハウスの隣にある売店にて販売される。

さらに、「生田緑地ばら苑」開苑に伴い、「かわさきジャズ2019公募スペシャルライブ」「ミニコンサート」「専門家によるバラの育成講習会」といった各種イベントも多数開催!詳しくは「生田緑地ばら苑」の公式サイトで確認を。

■「生田緑地ばら苑」
住所:川崎市多摩区長尾2丁目8番1号

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事