流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

京町家をリノベ!「宿ルKYOTO 抹茶ノ宿」11月1日オープン

このエントリーをはてなブックマークに追加


京町家再生“継(つぐ)プロジェクト”第1号となる「宿ルKYOTO 抹茶ノ宿」が、11月1日(金)、京都にオープンする。

「宿ルKYOTO 抹茶ノ宿」は、京都駅から1駅目のJR山陰本線の新駅・梅小路京都西から徒歩5分の七条通に面した京町家を宿泊施設としてリノベーションしたもの。

乾物商店として使われていた建物は1階2階ともに天井が高く、建物内部の通り庭を二棟の建物で共有する独自の形状と、高さ約8mの吹き抜けの空間が特徴だ。

「宿ルKYOTO 抹茶ノ宿」は京町家では珍しい大型タイプで、広々とした和室4室を配し、最大18名まで収容可能。長期滞在のファミリーやグループでの利用もOKだ。


1階の客室は寝室とは別に座敷があり、季節を楽しめる坪庭を眺めることができる。


2階の客室は高い天井に往時の柱や梁が現れ、開放感がある癒しの空間となっている。

また、1階は宿泊者がセルフ炭火グリルを楽しめる囲炉裏を配し、新鮮な京野菜や魚介を提供。路面店として入店する「cha cha cha」では、アーモンドミルクやライスミルクなどヘルシーなミルクを使った抹茶ドリンクを販売する。さらに宿泊者は抹茶体験も可能だ。


京町家再生「宿ルKYOTO 抹茶ノ宿」で、京都に暮らしているような気分を味わおう。

■「宿ルKYOTO 抹茶ノ宿」
住所:京都市下京区朱雀北の口41番の2

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事