流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

桜リキュールのやわらかな香りで一足先に春を感じよう

このエントリーをはてなブックマークに追加


春が待ち遠しくなるこの季節。サントリーから、一足早い“桜”を楽しめるジャパニーズクラフトリキュール「奏 Kanade<桜>」が新発売!

「奏 Kanade」は、厳選した国産素材を使用し、各素材にあわせた伝統的な浸漬・蒸溜方法で素材の個性を最大限抽出したクラフトリキュール。匠の技でブレンドした、和素材の繊細な味わいと満足感のある余韻を楽しめる。

新フレーバーは桜のやわらかな香り

同シリーズから新たに登場する新フレーバー「奏 Kanade<桜>」は、国産の桜花、桜葉をふんだんに使用したのもで、桜特有のやわらかな香りを感じられる、繊細な味わいが楽しめるのが特徴だ。

日本の伝統文化を表現したパッケージにも注目

また、ボトルには日本の古典柄である七宝柄(しっぽうがら)の黒瓶を採用し、越前和紙に墨文字を描いたラベルを施すなど、日本の伝統的なデザインを基に、素材の繊細さを表現している。

「奏 Kanade<桜>」700ml/2000円(税別)は、2020年1月14日(火)より全国で購入可能だ。

桜リキュールで一足早いお花見気分を堪能してみてはいかが?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事