流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

限定デザイン登場!「シャンドン」のスパークリングワインで日本の伝統美を感じよう

このエントリーをはてなブックマークに追加


春の風物詩である「お花見」。平安時代には、春の息吹きを喜び愛でる行事として「花宴(はなのえん)」と称されていたという。春ならではの趣を楽しむ日本人の心は、平安時代も今も変わらない。

このたび、プレミアムスパークリングワイン「CHANDON(シャンドン)」より、日本人が心に刻んできた“美しい春のひとときを愛でる喜び”を表現した、日本限定デザインのスパークリングワイン「シャンドン ロゼ スプリング エディション 2020」 が登場する。

平安から現代の「花宴」を表現したデザイン


ラベルのデザインは、コラボレーションパートナーの水野薫氏が手がけたもの。日本の伝統的な美意識を紐解くかのように、「シャンドン」らしいモダンさを融合した“和”を感じるデザインだ。ボトル中央のカラフルな扇は、「シャンドン」の切れ味の良い上質でシャープな口当たりと、春の光のプリズムをイメージしている。

伝統と革新を掲げる「シャンドン」を表現するために、現代らしく、着物の女性がグラスを片手に愉しむ姿が印象的な同商品。春風に揺れてたなびく着物のドレープが美しく、エレガントな佇まいを醸し出し、イキイキと、且つ優雅に描かれている。

豊かな風味とさわやかな味わい


“シャンドン ロゼ”は、シャンパンの伝統品種であるシャルドネ(55%)、ピノノワール(45%)を用い、瓶内で2度目の発酵を行う伝統製法「メトード トラディショネル製法」で造られる。<ゴールド>から明るい<ブロンズ>の色味がかかった、桃の皮のような<ピンク>の色彩が印象的だ。

熟した新鮮なブラックチェリー、柑橘類や桃や洋梨の果実香に、18カ月の熟成期間に由来する焼きたてのパイ生地のような香ばしい香りが重なる、バランスの良いさわやかな味わいとなっている。

春の訪れを楽しもう

「シャンドン ロゼ スプリング エディション 2020」750ml/3300円(税抜)は、2月4日(火)から全国で発売される。アルコール度数は12%。

日本の「お花見」のルーツを辿り、平安時代からのエスプリを楽しめる「シャンドン」で、春の訪れを楽しんでみてはいかが?

『「シャンドン ロゼ スプリング エディション 2020」スペシャルページ』
( https://www.mhdkk.com/chandon/spring2020/ )

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事