流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

伝説の音楽プロデューサー・瀬尾一三が語る“ヒットの秘密”が一冊の本に!

このエントリーをはてなブックマークに追加


瀬尾一三、初の書籍!2020年音楽関連書籍の注目作品「音楽と契約した男 瀬尾一三」2500円(税抜)が、2月10日(月)に発売される。

瀬尾一三を知らずに日本の音楽シーンは語れない!

瀬尾一三は、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕剛、徳永英明などを手がけた伝説の音楽プロデューサー。

1969年から音楽活動をはじめ、「22才の別れ」(かぐや姫)、「『いちご白書』をもう一度」(バンバン)、「オリビアを聴きながら」(杏里)、「とんぼ」(長渕剛)、「壊れかけのRadio」(徳永英明)、「糸」(中島みゆき)、「泣いてもいいんだよ」(ももいろクローバーZ)など、数々の時代を創ったヒット曲を生み続けている。

レジェンド・スペシャル対談

本書では、日本を代表する作・編曲家の萩田光雄や、プロデューサーの松任谷正隆・山下達郎・亀田誠治とのスペシャル対談を収録。

J-POPシーンの黎明期から活躍する瀬尾がどのように彼らと関わり、瀬尾を含め現在も一線で活躍する各々がどうプロデュースをしてきたのか、リアルな声を通して日本の音楽プロデュースの「現在(いま)」を浮き彫りに。

対談を軸に、「編曲手法」や「アーティストコミュニケーション」、そして「音楽」に身を捧げることで近づくことができた「真(ほんとう)の音楽プロデュース」と、その結果として生まれたヒット曲の秘密に迫る内容となっている。

あの人からの寄稿も収録

また、盟友である吉田拓郎からの瀬尾の人柄を伝えるプライベート話や、30年続く音楽パートナーである中島みゆきからの出逢いのエピソード他、中村中からの寄稿をはじめ、島村英二、小林信吾といった一流ミュージシャンらのコメントも多数掲載。併せて、120を超えるアーティストと共に世に生み出した2800曲を越える瀬尾の作品リストも収録している。

プロデューサーの歴史からあのヒット曲が生まれた秘密を知れば、親しみある名曲がさらに趣深いものになるかもしれない。

『音楽と契約した男 瀬尾一三 紹介ページ』( http://ymh.jp/prt_seoichizo )

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事