流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

ENTAME, MAMA

三菱一号館美術館の開館10周年記念展は子どもとのお出かけにぴったり!

このエントリーをはてなブックマークに追加


東京・丸の内にある三菱一号館美術館で2月15日(土)から開催中の、「開館10周年記念 画家が見たこども展」。

この展覧会では、19世紀末のパリの前衛芸術家グループ「ナビ派」の画家たちが追求した親密なテーマの中から「子ども」に焦点をあて、都市生活や近代芸術と「子ども」との関係に注目。フランス、ル・カネのボナール美術館全面協力のもと、ボナール、ヴァロットン、ドニ、ヴュイヤールらナビ派を中心とした油彩・版画・素描・挿絵本・写真など約100点が展示されている。

小・中学生の入場料が無料

そして、何よりうれしいのが、この展覧会については小学生・中学生の入場料が無料だということ。これなら気軽に何度でも足を運ぶことができそうだ。

さらに、3月30日(月)・4月27日(月)・5月25日(月)は「トークフリーデー」として月曜日を開館。この「トークフリーデー」は、子どもと一緒に楽しく会話しながらの絵画鑑賞ができる日。“子どもが騒ぎそうで心配”というママも、この日ならほかの日ほど周囲に気兼ねせず、子連れでのんびりと美術館で過ごせそう。

ストッケのベビーカー無料レンタルサービスも!

また、3月17日(火)~6月7日(日)<但しゴールデンウィーク5月2日(土)~6日(水・振休)を除く>の期間は、北欧・ノルウェーのベビー用品メーカー「ストッケ(Stokke)」とのタイアップで、高さ調節機能付きベビーカー(ベビーストローラー)である「ストッケ エクスプローリー」を丸の内のお散歩用に無料でレンタルできるサービスも実施。ベビーカーは全部で3台あり、レンタル時間は2時間とのことだが、東京の玄関口である東京駅からも近く、近隣に皇居や日比谷公園などのスポットも数多く点在する丸の内を、ベビーカー付きでお散歩できる。

「開館10周年記念 画家が見たこども展」の会期は6月7日(日)まで。お出かけしやすいこのシーズン、子どもとの美術鑑賞&丸の内散策を楽しんでみてはいかがだろうか。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事