流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

「レゴブロックで作った世界遺産展」渋谷・池袋PARCOで第4回展開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


「レゴブロックで作った世界遺産展」は、ユネスコ世界遺産活動のテーマである“未来に引き継ぐたからもの。世界遺産も!身近なものも!”を楽しみながら感じられるイベントに…、との思いからはじまったプロジェクト。世界中で愛されているレゴブロックで作られた世界遺産と、現代のクリエイターたちが創作した未来へのメッセージで構成された企画展となっている。

第1回展(2003年)、第2回展(2008年)を経て、2012年11月には“ユネスコ世界遺産条約採択40周年”を記念した第3回展がスタート。これまで約16年間で国内とアジア各地で約300万人を動員し、特に第3回展ではアジア圏5会場で84万人を動員。海外でも注目されるイベントとなった。

第4回展は2月22日(土)スタート

そして 2月22日(土)に、渋谷PARCO・池袋PARCOを会場としてスタートするのが、第4回展「PIECE OF PEACE 『レゴブロック』で作った世界遺産展 PART-4」。


会場ではレゴブロックで作ったイタリアのアマルフィ海岸や、


インドの山岳鉄道群などが展示されるほか、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の協力による宇宙から見た世界遺産の映像や、TBSのTV番組「世界遺産」を特別編集した映像を見ることができる。

会期は3月15日(日)までで、入場料は、渋谷・池袋 2会場セットで大人500円/小学生200円、1会場の場合は大人300円/小学生150円(すべて税込)。小学生未満は無料だ。入場料とグッズ売り上げの一部は、日本ユネスコ協会連盟が行う世界遺産活動に寄付される。

毎回レゴブロックによる精巧な再現が話題になるこのイベント。まずは詳細を公式サイトでチェックしてみよう。

「PIECE OF PEACE 『レゴブロック』で作った世界遺産展 PART-4 公式サイト」
( http://www.pofp.jp )

©PIECE OF PEACE LEGO, the LEGO logo and Minifigure are trademarks of the LEGO Group. ©2020 The LEGO Group.

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事