流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

前後2m間隔を保持!ソーシャルディスタンシングカフェが池袋にオープン

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨今の情勢により、人と人とが物理的な距離を保つ“ソーシャルディスタンシング”の重要性が周知されるようになってきた。そんな考え方を取り入れた「Social distanceing CAFE TOKYO(ソーシャルディスタンシングカフェトーキョー)」が、5月13日(水)より池袋にオープン!

世界的な基準を実践


緊急事態宣言延長が決定している東京では、今後の第2波コロナ対策について考えなくてはならない状況となっている。

そんななかでオープンした「Social distanceing CAFE TOKYO」は、池袋駅徒歩1分の立地にある55坪の面積に対し、25席のみを配置。世界基準である“ソーシャルディスタンシング” を実践するカフェだ。

感染を意識せず仕事に集中できる空間


同カフェでは、“5つのプロミス”をかかげている。

前後約2mの間隔をとった席の配置、マスク非着用の人の入店は禁止、1名での入店のみ可能、外気を常に入れ替え店内換気をおこなう、アルコール消毒は入店時とトイレの際に必須、の5つだ。

複数人での入店は禁止とし、店内でもドリンクを飲むとき以外はマスク着用必須という徹底した管理を行う。


入店すると、まずアルコール消毒、マスクチェック、ルールの説明がある。同店はカフェではあるものの、ドリンク以外に食べ物は一切用意しておらず、店内で食事をとることはできないという。

さらにCAFEテーブルでは電話やZoomでの声を出しての会話はNGとなっており、Zoomなどでのミーティングについては、店内の「Zoom-room」を利用するよう定められている。

Wifi&電源フリー!ドリンク1杯付き

店内では、60インチのモニターでニュースなどの発信がされるほか、電源やwifiを好きなように使用可能。カフェ内にはラウンジ系のBGMが流れており、仕事がしやすい環境となるよう工夫されている。

「Social distanceing CAFE TOKYO」の利用料金は、ドリンク1杯付きで1時間500円、5時間1000円、1日2000円。ドリンクの追加は1杯500円で、アルコールの提供はしていない。営業時間は10時~20時、定休日はないという。

自宅以外で仕事がしたいけれど、いろいろと気になってしまう人もいるだろう。そんなときには“ソーシャルディスタンシング”がしっかりと実践されているカフェを利用してみては。

■「Social distanceing CAFE TOKYO」
住所:豊島区東池袋1-2-9 2F

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事