流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

MONO

おうちで気軽に抹茶を楽しもう!自分で点てるお点前セット「Ippukubox」

このエントリーをはてなブックマークに追加


おうちで抹茶を点ててゆっくり“イップク”してみない?

越前漆器の製造を行う「高橋工芸」から、新しい抹茶の楽しみ方を提案するお点前セット「Ippukubox(イップクボックス)」が5月15日(金)より発売中だ。

「Ippukubox」とは?


「Ippukubox」は、抹茶を点てるための茶碗・茶筅・茶杓と、抹茶を保管する棗が15センチ角の木製ボックスに全て収納された商品。


箱の内側には福井県の越前和紙を貼って仕上げており、見た目の美しさだけでなく、中に入れる道具を擦れによる傷から守る。


セットの茶碗は「Ippukubox」のためだけに作った福井県の越前焼のもの。


手にすっぽり収まるサイズ感で可愛らしく、また底を広めに作っているので、茶筅が動かしやすい形になっている。

抹茶を自由に楽しもう

「抹茶を点てること」=「茶道」と捉えると、敷居の高いもののように感じる人もいるだろう。


その点「Ippukubox」は、“自分のために自分で点てるセット”なので抹茶の濃さやお湯の量など全て自分の好みでOK!


ホットミルクを加えて抹茶ラテにしてみたり、濃いめに入れてスイーツとのマリアージュを楽しんでみたりと、型にとらわれず自由に抹茶を味わうことができる。

箱の仕上がりの美しさにも注目!


全3種類の箱は、福井県鯖江市で越前漆器の製造元として茶道具の製造に携わってきた「高橋工芸」の経験と技術を活かして製作。


木のぬくもりを損なわないよう塗装はマットに、一つ一つ丁寧に磨くことで手触りよく仕上げており、リビングやダイニングにも馴染むデザインとなっている。


蓋は裏返してトレイとして使用できるので、お気に入りのお菓子を添えて楽しもう。

商品詳細


「Ippukubox」の価格は1万3000円(税抜)。抹茶やお菓子は含まれていないため、別途用意が必要だ。


お湯を沸かして、抹茶を点て、シャカシャカという茶筅の音だけが響く…そんな心落ち着く“イップク”のひと時を、ぜひ体験してみて!

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事