流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

ENTAME, MAMA

親子で『ゲームのやくそく』を決めよう!キャンペーン動画公開

このエントリーをはてなブックマークに追加


休校や外出自粛で自宅で過ごすことが増えるとともに、子どものゲーム時間が増えているという家庭にオススメ!

ゲーム関連4団体から、親子で“ゲームのやくそく”を決めることの大切さを訴求するためのキャンペーン動画『ゲームのやくそく』が5月21日(木)よりCESAホームページにて公開された。

制作したのは、コンピュータエンターテインメント協会(CESA)、日本オンラインゲーム協会(JOGA)、日本eスポーツ連合(JeSU)、モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)が参加する「4団体合同検討会」。

安心・安全にゲームを楽しむために


同動画は、家庭や子どもの生活スタイルに合った“ゲームのやくそく”を親子で一緒に作ることが重要との観点から制作された。約束づくりに必要な3つのポイントが歌にのせられているので、親子で楽しく視聴できる。

“ゲームのやくそく”を決める上で重要なポイントは、


「時間を決めよう!」、


「子どもの年齢にあったゲームを選ぼう!」、


「ゲーム上でも知らない人と交流するときは保護者に相談しよう!」の3つ。

保護者は「ペアレンタルコントロール」を

さらに同会では、子どもが高い年齢層向けのゲームソフトを遊ぼうとしても遊ぶことができない仕組みとして「ペアレンタルコントロール」機能の活用を勧めている。たとえば、プレー時間・インターネットへのアクセス可否・課金の可否・年齢別レーティングなどを、ゲーム専用機やスマートフォンなどに設定する機能だ。

詳細はCESAホームページの「保護者の皆様へ」をチェックしてみて。

個性豊かな制作陣

同動画の映像ディレクターは『パプリカ』MVなども手がけている渡邉直氏が担当。楽曲制作は、西松屋のテレビCMなどにも携わっている広瀬和奏氏が担当している。

さらに、サウンドプロデューサーは「水曜日のカンパネラ」のケンモチヒデフミ氏、ヴォーカルは「サニーデイ・サービス」の曽我部恵一氏と大阪府出身のシンガー・ソングライター仮谷せいら氏が担当。話題作を世に送り出している個性豊かな制作陣による動画は、観るだけでも楽しめそう!

『ゲームのやくそく』を見ながら、親子で“ゲームのやくそく”を作って、安全に楽しくゲームをしよう!

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事