流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

ENTAME, MAMA

遊びながら法律を学ぶ!『こども六法』がボードゲームになって登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


発行部数62万部突破の『こども六法』がボードゲームに!楽しく法律を学べる『こども六法すごろく』が、幻冬舎より6月25日(木)に発売された。

『こども六法』のすごろく型ボードゲーム


『こども六法』は、2020年上半期ベストセラー児童書部門1位(※)に選ばれ、累計発行部数が62万部を突破した子ども向けの法律書。著者の山崎聡一郎氏が、自身の経験を踏まえて「法教育を通じたいじめ問題解決」をテーマに制作したものだ。

今回発売されたのは、そんな『こども六法』のすごろく型ボードゲーム。法律に関するクイズやイベントゲームにチャレンジしながらゴールをめざすなかで、大人も子どもも知っておきたい法律の知識や考え方を、楽しく身につけられる。

専門家の監修はもちろん、小学生の子どもたちによるテストプレイを重ね、親子一緒に何度も遊べるようになっているのもポイント。「おうち時間」を楽しく過ごすアイテムとしてもぴったりだ。

子どもにも身近な法律を抜粋


同商品に収録されている○×クイズは遊び応えたっぷりの全70問!子どもたちのすぐそばにあるSNSの使い方や、いじめに関する難しい法律など、子どもが理解しやすいように工夫されている。

さらに「遊び方ガイド」ではクイズにまつわる法律の解説も付いており、自然と法律の考え方を学べるのも魅力。

繰り返し遊べる!2パターン収録


また同商品は、カードを使って遊べる「すごろくシート」と、小学校低学年からでも楽しめる「ファーストステップ編」の2パターンを収録している。それぞれクイズやイベントゲームのマスなど、ワクワクするような仕掛けがたくさんあり、繰り返し楽しく遊べるのがうれしい!

『こども六法すごろく』の価格は2200円(税抜)。購入は全国書店にて。

子どもはもちろん、大人にとってもよい学びとなるだろう。一緒に遊んで親子の絆を深めながら、身近な法律について学んでみては。

※トーハン・日販調べ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事