流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

MONO

自然由来の原料100%!愛犬にも環境にも優しいドッグシャンプーが発売

このエントリーをはてなブックマークに追加


愛犬の肌ケアにぴったりなシャンプーが登場!

100%自然由来の原料を使った犬用シャンプー「スージングドッグシャンプー」が、6月25日(木)より発売中だ。「チャーリーアンドコーナチュラルズ」が開発した、愛犬だけでなく、人にも環境にも優しいシャンプーを紹介しよう。

愛犬の肌荒れを改善するために開発


このシャンプーが開発された背景には、「チャーリーアンドコーナチュラルズ」代表のシーリン・ヴァリポー氏が飼っている愛犬・チャーリーの存在がある。

数年前にチャーリーの肌と毛並みの状態が非常に悪くなってしまったとき、飼い主の同氏は、親友の薬剤師と力を合わせてドッグシャンプーの開発に尽力。愛犬の健康になる姿をみて、シーリン氏は商品化を決意したという。

「オーツ麦エキス」と「海藻エキス」を配合


同シャンプーには「オーツ麦エキス」と「海藻エキス」の2つの成分を配合しているのが特徴だ。オーガニックの「オーツ麦エキス」は、αトコフェロールやオレイン酸などをたっぷり含んでおり、敏感な状態にある肌の状態を心地よく整えてくれる。


また、ビタミンとミネラルが豊富な海藻エキスは、肌を健康的な状態へ導く手助けをしてくれる。他にも選りすぐりの植物成分が含まれ、犬の皮膚と毛髪を清潔にし、自然な潤いを与えてくれるのが同商品の魅力だ。

犬の皮膚にやさしいシャンプー

犬の皮膚構造はヒトの皮膚と異なり、ヒトの皮膚が10~15層の角質層構造であるのに対し、犬は3~5層しかないため、外界からの刺激や成分などの影響を受けやすく、シャンプーなどのケア製品による皮膚刺激で症状が出る可能性があるのだとか。

また、犬の皮膚はpHが弱アルカリ性(pH6-7)であるため、ヒトの肌には優しいとされる弱酸性の洗浄剤でも、犬にとっては刺激が強いことも考えられる。

犬だけでなく環境にも優しい処方

同シャンプーは、弱アルカリ性のpHなので犬の肌に刺激が少ない。また、ペット用シャンプーによく入っている、石鹸成分・パラベン・合成色素・硫酸系化合物・DEA・フタル酸・ホルムアルデヒド・グルテンなどが不使用なのもうれしいポイント。

100%自然由来のサステイナブルな原料で、容器はサトウキビから作られた再生プラスチックを使用するなど、環境にも優しく配慮されている。

同シャンプーは、「ニールズヤード」オンラインショップや一部の直営店などで購入可能。

夏の暑い時期を迎える前の今こそ、愛犬の健康のためにシャンプーを見直してみては?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事
#