流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

夜風を感じる開放的な空間!京都東急ホテルの屋上にセカンドバーがOPEN

このエントリーをはてなブックマークに追加


京都東急ホテルに、開放的な空間で夜風を心地よく感じることができる「ルーフトップバー」が7月1日(水)よりオープン!

ホテル3階屋上の屋外に配置された「ルーフトップバー」は、開放された密にならない空間で、“新しい生活様式に対応した大人の隠れ家バー”として利用するのに最適だ。

充実のドリンク&フードメニュー


ここで楽しめるドリンクとフードには、高い品質と豊かな泡立ち、美しく芳醇な味わいで有名な「モエ・エ・シャンドン」をはじめ、同ホテルの総料理長がオススメするお酒に合うフード、スナックなどのアラカルトメニューを用意している。

フードには、「本日のオードブルプレート」1800円や「スピード勝負 枝豆」800円、「ビーフハンバーグステーキ 3種のチーズ仕上げ」2800円、「シーフードスパゲッティ ペスカトーレ」2000円(すべて税・サ料込)など、バリエーション豊かなメニューがラインアップ。


また、単品でのオーダーができるドリンクのアラカルトメニューのほか、フリードリンクプランも充実。

フリードリンクプランは、「モエ・エ・シャンドン飲み放題+40種のアルコール&ソフトドリンク」1名9000円、「モエ・エ・シャンドンミニボトル1本+40種のアルコール&ソフトドリンク」1名6000円、「モエ・エ・シャンドン1グラス+40種のアルコール&ソフトドリンク」1名5000円(すべて税・サ料込)の3つで、すべて90分制となっている。

そのほか、事前の予約で30名まで利用可能な「宴会プラン」や「女子会プラン」もあるので、詳しくは京都東急ホテル公式サイトの「ルーフトップバー」のページをチェックしてみて。


「ルーフトップバー」の開催期間は、10月11日(日)まで。営業時間は17:00~21:00。

新型コロナウイルス感染予防対策

京都東急ホテルでは、手指消毒液の設置、スタッフのマスク・フェイスシールド・衛星手袋の着用、ゆとりある会場空間とテーブル配置、店内の入場人数制限の実施など、“新しい生活様式”に沿った新型コロナウイルス感染予防対策を実施している。より詳しい内容は、同ホテルの公式サイトで確認を。

■「京都東急ホテル」
住所:京都府京都市下京区堀川通五条下ル柿本町580

※おでかけの際には十分な感染症対策をお願いいたします

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事