流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

ENTAME

“オープンエア”で神戸の秋を楽しむ「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


兵庫県神戸市の六甲山上を周遊しながら、点在する現代アート作品を自然の中で楽しめる「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」が、9月12日(土)〜11月23日(月)の期間、開催中だ。

自然とアートの癒しでコロナ禍のストレス発散を


2010年にスタートした「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」は、毎年、六甲山のエリア特性をじっくりと読み込み、自然や景観、歴史を採り入れた作品を各会場に展示している。


11回目となる今年は、招待アーティストと公募によって選出されたアーティストの計44組が参加。山上の観光施設などの12会場を舞台に作品を展示し、六甲山上全体が巨大な美術館となる。


コロナ禍での開催となる中、自然に囲まれた開放感あふれる“オープンエア”で、密を気にせず、山上でハイキングをする気分を味わいながらゆっくりと芸術鑑賞を楽しめるのが嬉しい。


出展者は、竹内みか氏、兵庫教育大学ひょうごもんプロジェクト研究会、コリー・フラー氏など、神戸出身のアーティストから海外で活躍するアーティストまで多彩なラインアップとなっている。

今年は有馬温泉エリアも会場に


同イベントの特徴でもある野外展の新しい会場として、今年は有馬温泉エリアが追加され、造形作家として活躍している木村剛士氏、久保寛子氏をはじめ、チョークアーティストとして海外でも活躍している松本かなこ氏の作品を6カ所に展示。六甲山と有馬温泉という神戸市を代表する2カ所の観光地を、アート鑑賞を通して巡ることができる。


六甲山・有馬温泉間の移動は、六甲有馬ロープウェーを使えば約12分(車で30分)で行き来が可能。


今年7月に開業50周年を迎えた同ロープウェーには、3月にスイスのCWA社製の新ゴンドラがデビュー。展望シートを谷側の一段低いステップに配置したデザインは日本初導入で、足元までガラス面になっているので、上空から見下ろす140mの湯ぶね谷など雄大な自然をスリリングに楽しめる。

また、9月下旬には「二胡」のライブ演奏も予定されているので、詳しくは六甲有馬ロープウェーの公式サイトをチェックしてみて。

イベント概要

このほか、JR新神戸駅でもサテライト展示が行われる。

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」の料金は、6つの有料会場を巡ることができる「鑑賞パスポート」が大人(中学生以上)2500円/小人(4歳から小学生)1000円(税込)。鑑賞と乗り物がセットになったお得なパスポートもある。

イベント詳細や感染症拡大防止対策などは、「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」公式ホームページで確認を。

※おでかけの際には十分な感染症対策をお願いいたします

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事