流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

佐賀の「天山酒造」から大人気の“七田”季節限定商品が今年も登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加


10月6日(火)、佐賀の「天山酒造」から、例年人気を博している季節限定商品「七田 純米吟醸 雄町50」と「七田 純米 七割五分磨き 山田穂 ひやおろし」が発売される。

七田とは

「七田」は、穏やかで気品ある香りと、お米の旨味と酸味のバランスが取れた味わいが特徴の純米酒。「天山酒造」の6代目蔵元である七田謙介氏が、“21世紀の現代の食生活とともに輝くお酒であるように”と2001年に立ち上げたブランドだ。

口に含んだ瞬間のインパクトがあり、米の旨味をしっかりと感じつつ2杯目も思わず飲みたくなるような、キレの良い純米酒を目指して醸造されている。

純米吟醸 雄町50


「七田 純米吟醸 雄町50」は、フランスの一流ホテルのトップソムリエたちが選んだ「2017年 Kura Master 最高位 初代プレジデント賞」の受賞歴もある日本酒。


今回発売の「七田 純米吟醸 雄町50」720ml/1,800円(税別)・1800ml/3,650円(税別)は、食べごろの熟したパイナップルを思わせる香りが特徴。柔らかくもさらりとした口当たりで、適度な甘味を感じつつ程よい旨味と酸味がバランス良く駆け抜ける。

すっきりとした後口で「白身魚のフリット」や「牛肉の赤ワイン煮」などと合わせて楽しむのがおすすめ!アルコール度数は16度。

純米 七割五分磨き 山田穂 ひやおろし


「七田 純米 七割五分磨き 山田穂 ひやおろし」720ml/1,250円(税別)・1800ml/2,600円(税別)は、少し熟したバナナやメロンを思わせる香りの、まろやかな口当たりから酸味を伴ったジューシーな旨味が口いっぱいに広がる日本酒。

後口に残るほろ苦さが特徴で、「手羽先の甘辛煮」や「チャーシュー」などとの相性が抜群!アルコール度数は17度となっている。

一夏低温でじっくりと寝かせてさらに旨味を引き出した、この時期だけの「七田 純米吟醸 雄町50」「七田 純米 七割五分磨き 山田穂 ひやおろし」を味わってみては。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事