トレンドニュースサイト STRAIGHT PRESS【 ストレートプレス 】

LOCAL

千葉県佐倉市で若者が夏祭りを復活!公園の新しい使い方を提案する”ソメイノ夏マツリ”

このエントリーをはてなブックマークに追加


千葉県佐倉市染井野地区にある七井戸公園では、8月13日(土)・14日(日)の2日間、地元・染井野出身の若者たちが地域を盛り上げるために、公園の新しい使い方を提案する「ソメイノ夏マツリ」を開催する。

農家やキッチンカーなど30店舗以上の出店も

かつて、市内の七井戸公園で行われていた夏祭りに、今年は新たに「体験」や「学び」といった要素が加わる。農家やキッチンカーなど30店舗以上の出店、ダンスなどのステージイベント、バーベキューやテントサウナといったアウトドア、子どもから大人まで楽しめるワークショップなど、盛りだくさんの内容となっている。

七井戸公園について


会場の七井戸公園は、京成本線・京成臼井駅南口から徒歩約20分、自然と都会的なセンスが調和した美しい公園。近隣の人はもちろん、休日は市外からも多くの方が訪れる。広い園内には、大きな池や広い芝生の広場、大型の遊具があり、夏場は水遊びができる噴水を期間限定で開放。また、池の周りには散歩に適した遊歩道があり、子どもから大人まで楽しめる人気の公園だ。

ソメイノファーマーズマーケットについて

「ソメイノ夏マツリ」を主催する「Someino Innovation Farm」は、地元出身の若者たちが立ち上げた団体で、「食」「暮」「働」の3つをテーマに活動。「ソメイノファーマーズマーケット」は、2020年8月に「食」のプロジェクトとしてスタートした「地域交流型ファーマーズマーケット」だ。

「Someino Innovation Farm」では、こだわりをもった生産者を招き、食への関心を取り戻すことによって、生産者と消費者の新たなコミュニケーションの場を共に創り、生産と消費のより良い循環が生まれるマーケットを目指している。


「ソメイノファーマーズマーケット」は毎週土曜日・日曜日の10時~16時の開催。「ソメイノ夏マツリ」は「ソメイノファーマーズマーケット」及びワークショップと同時開催となるので、こちらもお楽しみに。

「仲間との再会」や「地域の交流」の場になることを期待

今回のイベントは、日々の生活をより豊かにする公園を目指し、新しい使い方を提案する社会実験として官民連携で取り組むという。昨年はコロナ禍で中止となったが、今年はコロナ禍で疎遠になってしまった「仲間との再会」や「地域の交流」の場になることが期待されているという。

佐倉市

佐倉市は、江戸時代に城下町として栄えた佐倉市は、幕末に蘭学の先進地となり、多くの人材を輩出した。その風土は今に引き継がれ、現代でも、2人の国民栄誉賞受賞者や、4人のオリンピックメダリストをはじめ、スポーツ、音楽・芸能、芸術など、様々な分野で活躍する佐倉市ゆかりの方々が数多く、「才能が開花する」まちだ。

「ソメイノ夏マツリ」で、家族で夏の思い出を作ってみて。

■ソメイノ夏マツリ
日時:8月13日(土)・14日(日)/各日10時~20時
会場:七井戸公園
住所:千葉県佐倉市染井野4丁目
入場料:無料
同時開催:ソメイノファーマーズマーケット及びワークショップ/10時~16時
HP:https://www.someino.com/event

(suzuki)

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事