流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)

『SDGsネイティブ×教育』イベント Educators’ Summit for SDG4.7 2019のご案内

このエントリーをはてなブックマークに追加

若者の感性と活動から、SDGs達成の行動を生み出す“2030年の価値観”を探る1日!

グローバル・シチズンシップ育成事業を手掛ける一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)〔東京都品川区、代表理事 辰野まどか〕は、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)の実現を目指す若者や関係者が集い、未来の教育を描く場 『Educators’ Summit for SDG4.7 2019 - for Fostering our Global Citizenship - 』 を2019年11月23日(土)に、開催いたします。SDGsの感性を持ち、活動しているSDGsネイティブ(10-30代)の聞き、参加者の皆さんとSDGsに繋がる感性ときっかけを探求していきます。 ぜひご参加ください。

◆開催趣旨・テーマ: SDGsネイティブ × 教育◆
「私たちは今、未来に何をGiFTすることができるでしょうか?」

Educators’ Summit for SDG4.7は、2017年と2018年には、SDG4.7の方向性、実践をテーマにしてきました。2019年の今年は、SDGsの感性を持ち、活動しているSDGsネイティブ(10-30代)の聞き、参加者の皆さんとSDGsに繋がる感性ときっかけを探求していきます。
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=iBAigBSEK9w&t=34s ]

(↑昨年度実施『Educators' Summit for SDGs4.7 -For fostering our Global Citizenship』の様子)

◆開催概要◆
名 称: Educators’ Summit for SDG4.7 2019 –for Fostering our Global Citizenship-
日時:    2019年11月23日(土) 13:00-18:00 / Meet Up 18:30-20:00
会場: 聖心女子大学 聖心グローバルプラザ(東京メトロ日比谷線「広尾駅」より徒歩3分)
定員:    150名(事前登録制)
参加費: 一般 2,000円 / 学生 無料 (Meet Up参加費: 1,000円)
主催:    一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)
共催:    聖心女子大学グローバル共生研究所
協力:    慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科
後援:    文部科学省/日本ユネスコ国内委員会(申請中)、外務省(申請中)、
独立行政法人国際協力機構、ESD活動支援センター、関東地方ESD活動支援センター、
NHKエデュケーショナル、朝日新聞社
協賛: ウォーター ドラゴン 財団(Water Dragon Foundation)
公式HP: https://j-gift.org/educators-summit-sdg-4-7-2019/

◆当日のスケジュール◆
12:30 開場
13:00 開会
挨拶・アイスブレイキング
聖心グローバルプラザからのメッセージ
13:30 「Education for SDG4.7」ライトニングトーク
参加型ダイアログ「Diversity Dialogue」
16:00 休憩
16:15 分科会
・SDGs × SMALL WORLDS
・SDGs × マインドフルネス
・SDGs ×グローバル・シチズンシップ
・SDGs ×Global Teachers Prize Finalist
・SDGs×EGAKU~STEAM教育におけるARTの可能性

17:20 振り返り&今後に向けて
総括
終わりに
18:00 閉会
18:30~ Meet Up

【ライトニングトーク:テーマ&登壇者】
1. 「全ての人は社会人になれる」
聖学院中学校3年/学生団体SustainableGame代表
山口 由人 氏

2. 「一人一人の力が変化を生み出せる」
都立国際高校3年/国際環境NGO350.orgボランティア/
学生団体CUETOKYO共同設立者
酒井 功雄 氏

3. 「平凡な女子大生が世界と向き合うキャリアに踏み出すまで」
TAKE meファウンダー/MAD Travel ジャパンマネージャー
大野 雛子 氏

4. 「これからの土とキャリアのあり方」
株式会社タネノチカラ 代表取締役  金子 大輔 氏

5. 「未来に向けたピースクリエイション」
An-Nahal 共同設立者 白幡 香純 氏

6. 「Global Teacher Prize ファイナリストまでの道」
立命館小学校教諭 正頭 英和 氏
『Global Teacher Prize 2019(グローバル・ティーチャー賞)』トップ10に選出

【分科会】
1.【SDGs × SMALL WORLDS 】
「SDGs x Social Investor ~世界のどこにいても自分ができることを「実行」し「貢献」するSocial Investorsになるには~」
SMALL WORLDS 教育委員会  竹村 真紀子 氏 / 小宮山 利恵子 氏 / 羽根田 智子 氏

2.【SDGs × マインドフルネス 】
「自身が持続可能性な世界の一部となるために」   
かえつ有明中・高等学校 副教頭 佐野 和之 氏 / 東京大学大学院教育学研究科院生 金井 達亮 氏

3.【SDGs × グローバル・シチズンシップ(世界をよりよくする志)】
「GiFTは、いかにグローバル・シチズンシップ(世界をよりよくする志)を育成しているか」
一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)シニアダイバーシティ・ファシリテーター 鈴木 大樹 氏

4.【SDGs × Global Teacher Prize Finalist】
「ゲーム(マインクラフト)を活用した授業~コミュニケーション力を育てる~」
立命館小学校 教諭 正頭 英和 氏

5.【SDGs × EGAKU ~STEAM教育におけるARTの可能性】
「私たちは未来を描き、創り出すことが出来る」
株式会社ホワイトシップ代表取締役社長/9201 Gallery ディレクター/特定非営利活動法人 E-lab 理事 長谷部 貴美 氏

◆主催者より◆
SDGsは2015年に国連サミットで採択されました。2019年現在、SDGsは、教育現場はもちろんのこと、政府、自治体、企業、NGOなど、それぞれの現場において推進されています。
SDGs採択から4年が過ぎ、社会における認知度も高まってきた今だからこそ、ここで一度立ち止まって、一番の基本的なところからSDGsを捉えたいと考えています。

今回のサミットの大きなテーマは、SDGsネイティブの感性とその育成です。前半では、“2030年の価値観”に最も近い感覚を持つであろう“SDGsネイティブ”と呼ばれる10代、20代、30代の若者の感性と活動から、SDGs達成の行動を生み出す“2030年の価値観”を探っていきます。

そして、SDGsの達成に向けて、価値変容を促すSDG4.7の教育とは何なのかを深耕します。後半の分科会では、2030年のSDGs達成に向けて、私たちはどのような価値観を持ち、そのための感性をどう育んで行くのか、感性やクリエイティビティ、ワクワクを扱う場を体験いただきます。

当日は、SDG4.7をキーワードに繋がる思いのあるみなさんと、2030年を創造する感性を深め合う1日にしたいと思います。ぜひリラックスしてワクワクとご参加ください。

一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)代表理事 辰野まどか

■本件に関するお問い合わせ先
(一社)グローバル教育推進プロジェクト(GiFT) 事務局(担当:福田、忍)
TEL: 03-4540-1203 FAX:03-4540-1197 Email: info@j-gift.org
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前ビル2F

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る