流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

株式会社ネイルデザイン

美容の支出「0円」が4割超! 美容サービスと新型コロナウイルスに関する実態調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネイル女子が知っておくべき医療の知識に課題も

首都圏に6店舗を展開するネイルサロン「prish(プリッシュ)」(運営:株式会社ネイルデザイン)は、新型コロナウイルス騒動が女性の美容に与える影響を調査しました。5月20日時点で緊急事態宣言中だった北海道、首都圏、関西の一般女性361人(一般女子)、および日常的にネイルサロンに通う女性361人(ネイル女子)を対象に、インターネットでアンケート調査を実施。美容に対する支出の大幅減、美容室やネイルサロンを含む外出の「ガマンの限界度」、ネイルと医療に関する知識の普及度など、興味深い結果が得られました。

■緊急事態宣言中の美容の支出「0円」が40%超。解除後もすぐには戻らない!?

美容への支出金額を、<平時の2019年><緊急事態宣言の期間中><宣言解除後の予定>にわけて聞きました。平時と比較すると、新型コロナウイルス騒動以来、美容にかける支出が大幅に減少していることがわかりました。

緊急事態宣言の期間中、美容にかける1カ月の支出金額を「0円」と答えた人が41.8%に上り、平時の3倍以上に増加。解除後の予定でも「0円」が25.5%となり、平時の約2倍となっています。

[グラフ1]
一般女子(n=361)

美容室やネイルサロンなど美容サービスに対する「不要不急」の意識は強く、多くの人が利用を控えています。緊急事態宣言が解除されても、心理的、経済的なハードルが残ることを示唆する結果です。

[グラフ2]
一般女子(n=361)

■「外出ガマンの限界度」美容が「スポーツや趣味」を上回り、「旅行/レジャー」に迫る

「ガマンの限界」を「10」として、さまざまな外出のガマン度を1~10の数値で回答してもらいました。一般女子の上位には「友人や同居していない恋人・家族と会う(平均5.81)」「旅行・レジャー(平均5.77)」「飲食店で食事、お茶を飲む(平均5.51)」がランクイン。約0.4ポイント以内の差で「美容室で髪を切る(平均5.08)」が続きました。

[グラフ3]
一般女子(n=361)
※項目により無回答者あり

ネイル女子では、同じく4位の「美容室で髪を切る(平均5.55)」に、「ネイルサロンで施術を受ける(平均5.24)」が僅差で続いています。「スポーツや趣味(平均4.60)」を上回っており、美容サービスへの高いニーズ、利用したくてもできない自粛マインドが見て取れます。

[グラフ4]
ネイル女子(n=361)
※項目により無回答者あり

■サロンに行けないネイル女子、4人に1人が爪に異常

新型コロナウイルスの影響で、ネイルサロンを「まったく利用していない」「利用頻度が減った」と答えたネイル女子は全体の82.8%。

彼女たちに困ったことを聞くと、「セルフでネイルをオフするのが面倒だ」が39.8%で1位に。「ネイルサロンに行かないとネイルのオフができない」も28.1%で上位に入りました。
また、「割れる、かける、折れる、二枚爪など爪の異常がある」も30%に迫り(27.8%)、サービスを受けられないことで起こる実際的な問題も明らかになりました。

[グラフ5]
「新型コロナウイルスの影響でネイルサロンの利用頻度は変わりましたか?」の質問に「まったく利用していない」「利用頻度が減った」と答えたネイル女子(n=299)複数回答

■医療機関の検査をネイルが妨げる可能性。知っているネイル女子は4割弱

NPO法人日本ネイリスト協会は『医療機関で受ける検査の種類によっては、ジェルネイル、カラーポリッシュ、ネイルアートなどをオフするように指示される場合があります』とアナウンスしています。

ネイル女子へのアンケートでは、ネイルのオフを指示される可能性について、「知らなかった」と答えた人が39.8%と、「知っていた」の37.3%を上回りました。また、24.1%が「聞いたことがある(詳しくは知らない)」と答えており、ネイル女子に十分な知識が浸透していない実態がみえてきました。

[グラフ6]
ネイル女子(n=361)

NPO法人日本ネイリスト協会は、「MRI検査」と「酸素飽和濃度測定(パルスオキシメーター)」を、オフを指示される例として挙げています。いっぽう、胸部レントゲンやCT検査は、一般にネイルが問題になることはないとしています(使用する装置によって異なる場合がありますので医療機関の指示に従ってください)。

[グラフ7]
ネイル女子(n=361)

また、次のように指摘し、注意喚起しています。

『爪の色は血液の色を映し出しています。入院加療が必要な場合には、爪の色に変化がないか観察されます。ネイルをオフして診療の妨げとならない配慮が必要です』

参考:日本ネイリスト協会
https://www.nail.or.jp/information/coronavirus/salon_nailist/index.html

株式会社ネイルデザインは、ネイルが医療に影響する可能性と、ネイルのオフに関する知識の普及につとめてまいります。Webサイト上にQ&Aを用意するとともに、セルフでオフする詳しい方法を動画で公開しています。

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=nv-TJ-Pwy8U ]

●動画URL
https://youtu.be/nv-TJ-Pwy8U

■ネイル女子のセルフネイル実施率は約25%、オフは約30%

セルフで行っている爪のケアをネイル女子、それぞれに聞きました。「ファイル(爪やすり)で形を整える(46.5%)」「爪の表面を磨く(42.4%)」「甘皮処理(41.6%)」などが実施率40%を超え、爪のお手入れに対する意識の高さがうかがえます。

また、セルフネイルの実施率はネイル女子で26.3%。セルフでのオフは31.3%となりました。
医療機関での問題もあり、いつでも自分でネイルをオフできる準備の実践を強く推奨します。

[グラフ8]
ネイル女子(n=361)複数回答

■ネイル女子の半数近くがサロンの「対面で施術」を心配

日常的にネイルサロンへ通うネイル女子に、新型コロナウイルスに関連して、サロンで心配なことを聞きました。1位は「ネイリストと対面で施術を受けること(48.5%)」。ほかにも「ネイリストと直接手が触れること(39.6%)」「ネイリスト・スタッフと会話すること(38.5%)」など、ネイルサロンならではのシチュエーションを、多くのネイル女子が心配事に挙げています。

[グラフ8]
ネイル女子(n=361)複数回答

prishでは次のような対策を実践し、感染症防止に取り組んでいます。

新型コロナウイルス対策の取り組みについて、詳しくは以下をご覧ください。
https://prish.jp/measures/

prishは今後もネイルサロンの立場から、新型コロナウイルスと共存する美容サービスの「新しい日常」を考え続けていきます。

●ネイルサロンprish
https://prish.jp/

●株式会社ネイルデザイン
http://nail-de.jp/

[表: https://prtimes.jp/data/corp/57990/table/1_1.jpg ]

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社ネイルデザイン 広報窓口
電話:03-5904-8333 メールアドレス:info@nail-de.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
#