流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

株式会社D&M

忍者並みのバレーボールパフォーマンスレベルを手に入れろ!ジャンプ力2.9cmUP!※1・反復横跳び2.2回UP!※2

このエントリーをはてなブックマークに追加

~バレーボール専用インソール・ソックス・レッグサポーター~

株式会社D&M(本社:東京都中央区、代表取締役:森 統則)は、バレーボールパフォーマンスサポートギア「ninja X」(ニンジャクロス)シリーズ(全6種類¥1,320~¥4,620税込)を2020年1月21日から全国のスポーツショップ、オンラインショップ等で販売開始することをお知らせいたします。

▼ninja Xニンジャクロス http://dmonline-shop.com/ninjax/(1月21日公開予定)
■ninja X開発の背景

バレーボールがもっと上手くなりたいと思うプレーヤーの中でも特に、アタッカー・前衛は「もっと高く飛びたい」と思い、セッター・リベロ・後衛は「早く動いてボールを拾いたい」という思いがあります。しかし、バレーボールの特性を研究した専用グッズは意外とありません。プレーの動きを支えるのには1アイテムではなく、複合的に支え、パフォーマンスアップを狙う必要性があります。そこで、今までになかったバレーボールのジャンプとレシーブに特化したバレーボール専用インソール・ソックス・レッグサポーターを三位一体での開発いたしました。

※1検証結果は大学生女子バレーボール部員8名を対象としたデーター(平均値)です。通常練習(3時間)の後の測定結果です。効果には個人差があります。(当社調べ)
※2検証結果は大学生女子バレーボール部員4名を対象としたデーター(平均値)です。通常練習(3時間)の後の測定結果です。効果には個人差があります。(当社調べ)

■誰よりも高いジャンプを目指すプレーヤーへ
・踏み込み時の前方への力を「上昇力」へ

インソール:足指も使って大きなジャンプへ 前傾姿勢で動き出しやすさをサポート

ソックス:滑りにくく力を最後まで加えやすい。前後左右に振られても姿勢を安定
レッグサポーター:試合終盤でもジャンプ直前のタメ姿勢をキープ
バレーボール競技者によるパフォーマンステストではninja X(ニンジャクロス)ジャンプ用3種を装着すことで垂直跳びが平均2.9cmアップ※1しました。
※1検証結果は大学生女子バレーボール部員8名を対象としたデーター(平均値)です。通常練習(3時間)の後の測定結果です。効果には個人差があります。(当社調べ)

■誰よりも素早い動きを目指すプレーヤーへ
・前傾姿勢を促すことで「素早い一歩」へ

インソール:前傾姿勢でレシーブ姿勢に入りやすい。足指も使って前後左右に素早反応
ソックス:滑りにくく素早い一歩をサポート。前後左右に振られても姿勢を安定。
レッグサポーター:試合終盤でも腰を落としたレシーブ姿勢をキープ
バレーボール競技者によるパフォーマンステストではninja X(ニンジャクロス)
レシーブ用3種を装着することで反復横跳びが平均2.2回アップ※2しました。
※2検証結果は大学生女子バレーボール部員4名を対象としたデーター(平均値)です。通常練習(3時間)の後の測定結果です。効果には個人差があります。(当社調べ)

■ninja X(ニンジャクロス)の概要
名称:ninja X(ニンジャクロス)
発売日: 2020年1月21日
販売価格:1,320円~4,620円(本体価格1,200円~4,200円)
販売店:全国のスポーツショップ、オンラインショップ
URL:http://dmonline-shop.com/ninjax/(1月21日公開予定)

■会社案内
株式会社 D&M   https://www.dmsupporter.jp/
創業明治35年の伝統と知見から「サポーター」を進化させ人生100年アクティブライフを応援します。』を会社理念に創業以来スポーツ用から日常用サポーターを開発、販売をし続けてまいりました。
「D&M」(ディーエム)の名称はニューハンプシャー州プリモスでドレイパー氏とメイナード氏が設立した「ドレイパー・ アンド・メイナード(D&M)カンパニー」が由来で、日本総代理店として総合スポーツ用品及び婦人服飾用品の販売に東京三田にデイエム商会を創立。2008年に社名を「D&M」(ディーエム)と変更いたしました。
商号: 株式会社D&M
代表者: 代表取締役 森 統則
所在地: 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-5-1東洋浜町ビル6F
設立: 1902年(明治35年)
事業内容: サポーター製造販売
資本金: 8,000万円

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る