流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ソニックウォール・ジャパン株式会社

SONICWALL、新型コロナウィルスとの戦いに備え、リモートアクセス装置SMAの30日間スパイクライセンスを無償提供

このエントリーをはてなブックマークに追加

SSL-VPN同時接続ユーザ数を機種最大まで拡大

ソニックウォール・ジャパン株式会社は本日、新型コロナウィルスの感染拡大を抑え、ビジネスへの影響を最小限にするために、SonicWallのリモートアクセス装置SMA(Secure Mobile Access)の30日間スパイクライセンスを、日本の企業、組織に対し無償で提供することを発表しました。

世界中で100万以上のネットワークを保護しているSonicWall Inc.(米国)の日本支社 ソニックウォール・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 本富 顕弘)は本日、新型コロナウィルスの感染拡大を抑え、ビジネスへの影響を最小限にするために、SonicWallのリモートアクセス装置SMA(Secure Mobile Access)の30日間スパイクライセンスを、日本の企業、組織に対し無償で提供することを発表しました。

新型コロナウィルスの拡散を防ぐためには不要不急の外出を控える必要がありますが、企業、組織のビジネスは継続させなければなりません。今日、大企業はもちろん中小企業でも従業員に在宅勤務などリモートからでも業務ができるように仮想プライベートネットワーク(VPN)の導入が進んでいます。しかし、多くの導入企業でも、全従業員が同時に使えるだけの十分なVPNライセンスは保持していません。そのため、従業員は必要なビジネスリソースにアクセスできないか、または安全でない接続を介してアクセスするため重大なリスクになりえます。

この緊急事態にビジネスの継続性を確保するために、SonicWall Secure Mobile Access(SMA)にはスパイクライセンスが有効です。スパイクライセンスとは、一時的に同時接続ユーザ数を増やすことができるライセンスです。この度、日本のSMAユーザに対し30日間スパイクライセンスを無償で提供します。たとえば、SMA6210で同時接続数500ライセンスの導入ユーザ企業では、スパイクライセンス導入により、当モデルの最大同時接続数2,000まで拡大させることができます。

日本では政府主導により「働き方改革」が提唱され、在宅勤務などのテレワークが普及しつつあります。この度のコロナウィルスの流行では、従業員保護の目的はもちろん、事業継続計画(BCP)の観点からもテレワークの実施が不可欠となっています。さらに、この夏開催の東京オリンピックも控え、企業のICTインフラにはリモートアクセスは不可欠な要素になっています。

「SonicWallはUTM/次世代ファイアウォールの老舗ですが、SSL-VPNにおきましてもそのパイオニアとして実績を積み重ねてきました。SonicWallは、最適なセキュリティソリューションを必要な時に、必要とする日本のお客様へお届けするために、私ども日本法人を設置しています。この度の新型コロナウィルスの流行に際し、弊社SonicWallとして何ができるか検討した結果、SMAスパイクライセンスの無償提供に至りました。SonicWall SMAが日本のお客様にセキュアリモートアクセスを提供し、事業継続の一助として頂ければ幸いです」とソニックウォール・ジャパン株式会社 代表取締役社長 本富 顕弘は述べています。

なお、SonicWall SMAは、日本市場のSSL-VPN装置出荷台数ベースでトップシェアをもっています。(出展:株式会社富士キメラ総研「2019 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧《市場編》」)

【SMA 30日間スパイクライセンス無償提供キャンペーン】

対象顧客 既存SMAユーザ企業・組織ならびに新規SMA導入企業・組織
対象モデル SMA210/SMA410/SMA6210/SMA7210
拡張ライセンス数 50/250/2,000/10,000(各モデルの最大同時接続ユーザ)
ライセンス期間 設定、使用開始から30日間
導入期限 2020年4月20日(販売店へのご注文)
お問い合わせ先 ソニックウォールまたは販売代理店

*本キャンペーンにつきましては、別紙詳細資料をご参照ください。
https://sonicwall-pub.snwl.jp/files/marketing/SMA-Campaign.pdf

SonicWallについて

SonicWallは28年以上にわたってサイバー犯罪と戦い、世界中の中小企業や各種事業組織、政府機関を守り続けています。受賞歴のある当社のリアルタイム侵害検出・防止ソリューションは、SonicWall Capture Labsの研究によってその効果が裏付けられています。このソリューション群は、実に215以上の国と地域で、100万以上のネットワークとその中の電子メールやアプリケーション、データを保護しています。これによって多くの組織がより効果的に稼働し、セキュリティ上の懸念を軽減しているのです。詳細にご興味をお持ちの方は、https://www.sonicwall.com/ja-jp/ をご覧いただくか、Twitter、LinkedIn、Facebook、Instagramで当社をフォローしてください。

広報担当の連絡先

ソニックウォール・ジャパン株式会社
マーケティング 白畑
mshirahata@SonicWall.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る