トレンドニュースサイト STRAIGHT PRESS【 ストレートプレス 】

株式会社ポケモン

【イベントレポート】大人気ポケモンカード体験イベント 「スタートデッキ100ステーション」発表会にて、駅長・松丸亮吾さん、駅員・あばれる君さん&土佐兄弟さんが駅員姿でテープカット

このエントリーをはてなブックマークに追加

「スタートデッキ100」にちなみ、「100日後に○○になるため」のスタート宣言も! 松丸さん「ポケカのシティリーグ 優勝者になる!「あばれる君「優勝もしくは入賞もしくは一勝!」

 株式会社ポケモン(東京都港区、代表取締役社長:石原恒和)は、8月18日(木)から21日(日)の4日間に渡り、JR両国駅の通常使用されていない“幻のホーム”である3番線臨時ホームで、ポケモンカードゲーム ソード&シールド「スタートデッキ100」の体験イベント「スタートデッキ100ステーション」を開催中です。
 イベント初日となる8月18日(木)に、JR両国駅 3番線臨時ホーム1で、謎解きクリエイターとして活躍する松丸亮吾さん、お笑い芸人のあばれる君さん、お笑いコンビの土佐兄弟(卓也さん、有輝さん)をゲストに招き、「スタートデッキ100ステーション」のプレス発表会を開催しました。

 発表会では、イベント会場となるJR両国駅にちなみ、松丸さんが駅長、あばれる君さんと土佐兄弟が駅員の姿で登場。「スタートデッキ100ステーション」のオープンを記念して、テープカットのセレモニーを実施しました。人生初のテープカットという4人が興奮を隠せない中、駅長の松丸さんによる「出発進行!」の合図とともに、白手袋をしたゲスト全員がテープにハサミが入れられ、「スタートデッキ100ステーション」のオープンを華やかに彩りました。「どんな駅にしていきたいか?」と聞かれた松丸さんは、「ポケモンカードは2年前に始めたんですが、始めた時の気持ちも今の気持ちもずっと楽しいままなので、これからする人も今ポケモンカードをやっている人も盛り上がれる。そんな駅にしたいなと思います!」と、意気込みを語りました。

レアなデッキ「デッキナンバー101」披露&「スタートデッキ100」も魅力語る

 続いて、日頃からポケモンカードバトルに親しんでいる松丸さんが、100種類の構築済みデッキがランダムに入っており、誰でもすぐに楽しめる「スタートデッキ100」について説明。さらに、幻のデッキである「デッキナンバー101」が披露されると、一同からは「これはワクワクする!」「これ持ってたら自慢できる!」と興奮の声をあがりました。
 その後は、「スタートデッキ100」の魅力についてのトークが行われました。「すぐに戦えるところ。自分で選ぶ60枚を迷うところをバチンと作ってくれるところ。カードの1つ1つの使い方に特色があるところ。それをどう活かすのか考えるのが楽しい(あばれる君さん)、「ランダムなので、何が出るかわからないのが楽しみ。友達や家族と一緒に買いに行って、互いに見せ合うのが楽しい」(土佐兄弟 有輝さん)、「初めてだと他のデッキを持っていない人や、他の戦い方も知らない人もけっこういる。ポケモンカードに慣れた人でも触ったことのないカードや遊んだことのないデッキがたくさんある。誰にもでもおすすめできる」(松丸さん)、「僕は今から始める組なので(スタートデッキ)に思い入れがある」(土佐兄弟 卓也さん)と、それぞれの「スタートデッキ100」のおすすめポイントや思いが語られました。

“100日後に○○になるため”の 「スタート宣言」

 さらにイベントでは、「スタートデッキ100」にちなみ、“100日後に○○になるため”の 「スタート宣言」を発表することになりました。
 松丸さんの宣言は、「ポケカのシティリーグ 優勝者になる!」でした。以前にシティリーグの決勝にギリギリで行けなかった悔しさを語り、優勝への思いを明かしました。さらには、「(ポケカの)伝道師になりたい。そのためにタイトルを1個手に入れたい」と、みなぎる熱い思いをのぞかせました。
 土佐兄弟の卓也さんは、「妻と子どもにあわせて100勝」と宣言。しかし有輝さんから、「難しいと思う。(卓也さんの)奥さんがアドバイスを求めてくる」とまさかの裏事情が暴露されると、「一緒に成長していきたい」とトーンダウンしながらも飛躍を誓っていました。
 土佐兄弟の有輝さんの宣言は「大会優勝者に勝つ!!」と 普段は近所に住む高校時代の同級生との対戦が多いため、相手のデッキなどもわかっており、「シティリーグの優勝者の方と戦ってみたいという気持ちがある」「初めましての実力者と戦って勝ちたい」「外の世界、冒険の世界に出たい」と野心を見せました。
 あばれる君さんのスタート宣言は「優勝もしくは入賞もしくは一勝」と少し弱気も、新シーズンへの意気込みを見せていました。
 イベントが終わりに近づき、MCから「後ろに見えているバトルエリアで遊びたくないですか?」と聞かれると、全員が「やりたい!!」とウズウズした様子。このあとに対戦が行われる駅のホームについて、松丸さんは「こんな夢のような駅があっていいのか」と、感激の様子を見せました。
 最後にMCからゲスト以外で実際に対戦したい人について質問がありました。あばれる君さんは「一番ライバル視している、小学4年生の時に隣のクラスだったカブラギ君」と当時のリベンジを誓いました、有輝さんは「仲の良い高校の時の友人」を挙げ、卓也さんは「奥さんと長女は(対戦を)やってるので、3歳の次女となら同じレベルでできる」と大人げない答え。そして松丸さんは「(スタートデッキの大会で敗れた)本郷奏多さんにリベンジしたい」と、バトルへの熱い闘志を燃やしていました。
 最後の挨拶では、松丸「スタートデッキ100は、ここから始めた先にポケモンとの出会いもあるし、カードとの出会いもある。友達との出会いもある。ポケモンカードで本当に友達が増えて、毎日すごい楽しいので、ぜひ同じ道を乗ってくれる人が増えることを願います!」とアピール。ゲストたちのポケモン愛が伝わる、温かい雰囲気のイベントとなりました。

「スタートデッキ100ステーション」イベント概要

■タイトル:ポケモンカードゲーム スタートデッキ100ステーション
■開催場所:JR両国駅 3番線臨時ホーム(体験イベント)
      ステーションギャラリー(カード拡大イメージ展示)
■開催日時:8月18日(木) 15:30-19:00  8月19日(金)~8月21日(日) 10:00-19:00
■実施内容:「ポケモンカードゲーム」体験イベント(事前予約制)
      (1)ファミリーエリア・・・初心者向け ポケモンカード対戦レクチャー
      (2)対戦エリア・・・既存ユーザー向け ポケモンカードバトル
      「スタートデッキ100」のカード拡大イメージ展示
■参加費用:「ポケモンカードゲーム」体験イベント参加費:無料
      ※JRで両国駅までお越しの方以外は駅入場券が必要になります。
■事前予約:「ポケモンカードゲーム」体験イベントは事前予約が必要です。
      8月5日(金)14時より、以下のページより申し込みが可能です。
      https://www.pokemon-card.com/info/003505.html

「ポケモンカードゲーム」体験イベントについて

初心者でも楽しめるファミリーエリア(6卓)と、ポケモンカードファンがカード対戦を楽しめる対戦エリア(12卓)をご用意します。1回あたりの時間は約60分となります。

▼ファミリーエリア(6卓)
 ファミリーや初心者向けのエリアです。
 ポケモンカードに詳しいオーガナイザーを各卓に配備し、ルールを学びながらゲームをお楽しみいただけます。

▼対戦エリア(12卓)
 カード対戦経験者向けのエリアです。「スタートデッキ100」を使用した対戦をお楽しみいただけます。
 ※参加者全員に、オリジナルデザインの切符をプレゼントします。
 ※事前予約が必要です。

「スタートデッキ100」のカード展示について

ステーションギャラリー(両国駅ホームに向かう途中の通路)の壁に、「スタートデッキ100」のカード券面を掲出します。
「スタートデッキ100」のバリエーションの豊富さを目で見て体感いただけます。
通常公開されていない「デッキナンバー101」のデッキについても実物展示をいたしますので、貴重な機会にぜひ足をお運びください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る