流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

有限会社巽繊維工業所

自衛隊員愛用の『GUTS-MAN』クラウドファンディング第2章で支援者様300名突破!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

高機能ソックスブランド『GUTS-MAN』が夏向けの五本指ソックスで夏に足元の快適をお届けします。

創業92年の靴下製造販売メーカー、有限会社巽繊維工業所(奈良県橿原市/代表取締役:巽亮滋)が展開する自衛隊員向け高機能ソックスブランド『GUTS-MAN(ガッツマン)』が、クラウドファンディングサイトMakuakeにて第2章のプロジェクトを実施し、開始から20日で支援者様300名、目標金額:1600%を達成致しました。
頑丈かつ履き心地を追求する同ブランドが、『夏向けの気持ちいい五本指ソックス』として、外側からは五本指ソックスに見えない『シークレット五本指ソックス』と、GUTS-MAN史上最薄の厚さ1.1mmに挑戦した『最薄五本指ソックス』を、オーガニックコットン素材を使用して展開致します。
プロジェクトページ:https://www.makuake.com/project/gutsman2/

高機能ソックスブランド『GUTS-MAN(ガッツマン)』とは

自衛隊員の一本の問い合わせ電話から誕生した靴下ブランド。「長距離行軍に耐えられる靴下をつくってくれないか?」とのご要望から試行錯誤を重ね、強度別、用途別で様々なラインナップの靴下を展開しています。特に五本指ソックスに定評があり、近年はランニング用やゴルフ用等のスポーツにおける展開にも努めています。

プロジェクト概要

昨年実施した第1章「真の究極の五本指ソックスへの挑戦」プロジェクトの第2章。今回は「夏に気持ちいい五本指ソックス」がテーマで、2アイテムを同時展開しております。
一般のお客様のオンタイムにご利用いただきたく、ベーシックカラーの展開に致しました。

<シークレット五本指ソックス>
内側に仕切りがあるパーテーション構造の五本指ソックスです。
外側からは先の丸い普通の靴下に見えるため、様々なシーンで気兼ねなくご利用いただけます。

サイズ:XSサイズ(21-23cm)、Sサイズ(23-25cm)、Mサイズ(25-27cm)、Lサイズ(27-29cm)
カラー:ピュアブラック、ミッドナイトグレー、スウェットグレー、ディープネイビー

<最薄五本指ソックス>
夏のデイリーユースを考慮し、生地の厚さをGUTS-MAN史上最薄の1.1mmにした五本指ソックス。
最薄五本指ソックスのみ、日ごろGUTS-MANをご利用のお客様のためにGUTS-MANカラーのオリーブドラブをご用意致しました。
五本指ソックス愛好家の皆さまに『ハダシより気持ちいい』を体感いただきたい靴下です。

サイズ:XSサイズ(21-23cm)、Sサイズ(23-25cm)、Mサイズ(25-27cm)、Lサイズ(27-29cm)
カラー:ピュアブラック、ミッドナイトグレー、スウェットグレー、ディープネイビー、オリーブドラブ

支援者様全員にマスクをプレゼントします。

この度、支援者様が300名を達成した記念として、支援者様全員にGUTS-MANマスクをプレゼント致します。

天然有機系デオドラントの抗菌防臭加工された綿を使用した夏マスクです。消臭効果もあります。

クラウドファンディング概要

プロジェクトページ:https://www.makuake.com/project/gutsman2/
実施期間:2020年5月15日~2020年6月24日
定価販売予定価格:両商品とも1足、1,760円(税込)を予定しており、当プロジェクトにて更にお買い求めやすいセット価格にてご提供させて頂いております。
プレゼント企画について:6/4にリリース致しましたが、リリース前にご支援いただいた皆様にも全員にお送りさせて頂きます。
その他、商品詳細に関しましては、プロジェクトページをご確認ください。
引き続き、ご支援の程、宜しくお願い致します。

【会社概要】
有限会社 巽繊維工業所
靴下生産量日本一の奈良県で靴下の製造販売を行っている創業92年の老舗メーカーです。特に五本指ソックスを長年研究・生産し続けてきたパイオニアの企業であるため、お客様から「この五本指靴下を履いたら他のは履けない」と言っていただいてご利用いただいております。クラウドファンディングサイトMakuakeでは昨年1月に第1章『真の究極の五本指ソックスに挑戦』プロジェクトを実施し、支援者様735名、支援金427万円のご支援を獲得する事ができました。その他、新商品開発や海外展開などの新たなチャレンジを積極的に行い、一人でも多くの方に足元の快適を届けて参ります。
有限会社巽繊維工業所ホームページ:https://choku.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る