流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

株式会社ハイドアウトクラブ

株式会社ハイドアウトクラブ、「クラウド会計ソフトfreee」とクラウド受発注プラットフォームCONNECTを連携開始!

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECT上で流通した受発注商品数は38万商品を突破!連携により受発注業務と会計業務がシームレスな世界を目指す。

株式会社ハイドアウトクラブ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田口雄介)は、当社が運営する飲食・小売店向けのクラウド受発注プラットフォーム「CONNECT」と、freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔)が運営する「クラウド会計ソフトfreee(以下会計freee)」のシステム連携を行う連携アプリを本日より「freeeアプリストア」において提供開始したことをお知らせいたします。

CONNECTとは
CONNECT( https://conct.jp )は、これまでFAXや電話などのアナログな手段で発注していた飲食店・小売店がスマホで簡単に発注が行えるようにし、また1日に何十枚から何百枚といったFAX受注をしていた卸企業のFAX情報をオンライン化する受発注のプラットフォームサービスです。
日本全国の飲食店・小売店・サービス業・食品卸・日用品卸などの様々な業態の受発注業務に利用され、流通している商品数は38万商品を突破しております。

CONNECTと会計freeeの連携により、出来ること
連携アプリの開発により、CONNECTで受注した取引をワンクリックで会計freeeに登録できるようになり、納品後の会計処理の手間が削減されます。また、連携されたデータを元に会計freeeにて売掛金の入金管理や請求書を発行することで、受注~入金までのビジネスの流れを2つのシステムで一気通貫することができます。

今後の予定
今回のリリースでは、CONNECTに登録された受注データが、会計freee上で取引登録される機能を公開しました。今後、段階的に機能を拡充し、発注者側(飲食店・小売店)の発注情報を会計freeeに支出取引として連携することで、帳簿付けや支払業務の効率化が促される開発を行う予定です。

【ご利用方法】
freeeアプリストアより無料でご利用いただけます。
※CONNECT及び会計freeeのご契約が必要となります。
freeeアプリストア:https://app.secure.freee.co.jp/
会計freee:https://www.freee.co.jp/
CONNECT:https://conct.jp

株式会社ハイドアウトクラブについて
株式会社ハイドアウトクラブが運営する、クラウド受発注プラットフォーム「CONNECT」では、これまで費用の高さや不十分な ITリテラシーに起因して、非効率な業務オペレーションを継続してきた受発注領域を起点に、今後、すべての BtoB 取引のスマート化を目指して参ります。

<会社概要>
会社名 株式会社ハイドアウトクラブ
代表者 田口雄介
設立日 2015年6月12日
資本金 4198万7708円
所在地 東京都渋谷区代々木1丁目37-4 長谷川ビル2B

freee株式会社について
「スモールビジネスを、世界の主役に。」をミッションに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供しています。

<会社概要>
会社名 freee株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者 CEO 佐々木大輔
設立日 2012 年 7 月 9 日
資本金 161億603万円(資本準備金等含む)
所在地 東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る