流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

デルタ電子株式会社

「ET & IoT Technology 2019」に出展

このエントリーをはてなブックマークに追加

デルタ電子株式会社(本社:東京都港区 代表者:柯進興)は、2019年11月20日から22日にパシフィコ横浜で開催される「ET & IoT Technology 2019」に出展いたします。

報道関係者各位
ニュースリリース

「ET & IoT Technology 2019」に出展

 デルタ電子株式会社(本社:東京都港区 代表者:柯進興)は、2019年11月20日から22日にパシフィコ横浜で開催される「ET & IoT Technology 2019」に出展いたします。

 エネルギーや環境問題などを解決するHEMSのさらなる普及促進を図るため、住まいのライフラインとなる電気、空気、水道、ガス、照明、家電など、エネルギー消費量を家の中や外出先から可視化する次世代型IoT/AIスマートホーム・マネジメントシステム”CONSCIOUS”を核として、家庭用EV(電気自動車)充電器、太陽光発電用ハイブリッドパワーコンディショナなど、家庭向けソリューションを提案します。

【住宅用エネルギーソリューション】
・IoT/AIスマートホーム・マネジメントシステム "CONSCIOUS"
家庭で使うエネルギー消費量、室内空気質、あらゆる機器の状態やEV充電情報などを家の中でも外出先からも可視化し、賢くスマートに管理・制御します。デルタ電子のEV用AC充電器"Q-VEC"との連携により、充電状態や充電量の可視化、毎月の充電量と電気料金の確認、充電時間のタイマー設定などを利用することができます。また、VPP/DR向けゲートウエイとして様々なシーンや用途にご利用いただけますので、お客様のビジネスやニーズに合わせた機能の実現と付加価値の創造に貢献します。
URL:https://conscious.cestec.jp/

・EV用AC 充電器 "Q-VEC"
AC6kWの大出力でありながら、一般家庭に調和するデザインをコンセプトに、スタイリッシュでインテリア的外観を持ちながら、さらに手軽で使いやすい充電器です。また、デルタ電子のデマンドコントローラを利用すれば、EV充電起因の停電が発生しないように、充電器以外の電気使用量を監視し、EVへの充電を契約電力内で抑制または増大することが可能です。

・“セイバーH・ハイブリッド蓄電システム”:複数台システム拡張
コントロールファームウエアをアップグレードし、複数のセイバーH・ハイブリッド蓄電システム、又は、デルタ電子の住宅用パワーコンディショナを接続・増設することで、太陽光ハイブリッド蓄電システムを拡張することができるようにしました。 最大で3台のパワーコンディショナを組み合わせ、パワーモニターに接続することで、9.9kW(AC)から25.7kW(AC)の出力、また蓄電池容量は最大33.6kWhまでのシステムを構成できるようになりました。
複数台システムにより、より多くの太陽光で発電した電力を充電、日没後に電力を出力。自家消費時代の太陽光発電ハイブリッド蓄電システムとして多様化する用途、ニーズに応えます。

是非ご来場いただき、当社ブースへお越しいただけますよう、よろしくお願いいたします。

【展示会概要】
名称:ET & IoT Technology 2019
会期:2019年11月20日(水)-22日(金)
会場:パシフィコ横浜
弊社展示場所:「エコーネットコンソーシアム」ブース内

【デルタグループについて】
デルタグループは世界有数のスイッチング電源、冷却ファンメーカーであり、またパワーマネジメント、電子部品、ディスプレイ、FA、ネットワークから再生可能エネルギーソリューションまで広範に渡る機器とサービスを提供しております。1971年に台湾で創業し、現在では世界各地に営業拠点と製造拠点を擁しております。
ホームページ:http://www.delta-japan.jp/

【本リリースに関するお問合せ先】
デルタ電子株式会社マーケティング課
e-mail: jpmarketing@deltaww.com
TEL: 03-5733-1513 (平日 09:00–18:00)

【本製品に関するお問合せ先】
デルタ電子株式会社 IoT & e-Mobility事業開発部
電話:03-5733-1276

【弊社概要】
会社名: デルタ電子株式会社
代表者: 柯 進興
所在地: 東京都港区芝大門2-1-14
設立:   1991年6月
URL: http://www.delta-japan.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る