流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

株式会社FCE Holdings

『ゴルゴ13』が働き方改革“最強の武器”を手に入れた?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

~『ゴルゴ13』と「RPA Robo-Pat(ロボパット(R))」がコラボで働き方改革を推進~

事務職でもRPAが作れる純国産RPA『RPA Robo-Pat(以下、RPAロボパット)』を展開する株式会社FCEプロセス&テクノロジープロセス&テクノロジー(東京都新宿区、代表取締役社長:永田純一郎)は、このたび、「ビッグコミック」(小学館)に連載中で、2018年には連載50周年を迎える大人気劇画『ゴルゴ13』とコラボレーションしたプロモーションキャンペーンをスタート致します。請け負った仕事は必ず完遂する超A級スナイパー『ゴルゴ13』と、請け負った仕事は簡単に自動化する『RPAロボパット』がタッグを組み、「働き方改革」を大きく推進して参ります。

https://fce-pat.co.jp/ 

                (C)さいとう・たかを/さいとう・プロダクション/小学館

(プロモーション内容)
・JRトレインチャンネルによるコラボレーション動画の放映
・丸の内線ステーションビジョンによるコラボレーション動画の放映
・日経電子版、TVer、YouTubeなど
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=r1dGjrEQF6w ]

働き方改革の目玉として注目されている「RPA」は、現在大企業を中心に導入が進んでいますが、人手不足などでお困りの中堅・中業企業では大きな力を発揮するツールです。『RPAロボパット』は、情報システム部門やIT部門を持たない中堅・中小企業でも気軽にRPAをご活用いただけるよう

▼プログラミングの知識を持たない業務担当者が簡単にRPAを作ることができる
▼月額12万円から
▼1か月単位でのご利用
という体系を実現しています。

狙った標的は必ず仕留める『ゴルゴ13』のように、狙った業務は必ず自動化し、ユーザーの皆様の生産性向上を実現致します。

『RPAロボパット』とは?

『RPAロボパット』の特徴は、誰でもが簡単に作れることです。一般的にRPAというと、企業サーバー内でプログラムを組んだり、エンジニアが開発をしたりという工程が必要となります。しかし、『RPAロボパット』は、現場で業務にあたる、プログラミングの知識を持たない事務職の方が簡単に作成できます。ロボットを作る手順はシンプルで、普段行っている業務上のPC操作を、1つ1つロボットのコマンドに置き換えていくだけです。

▼エクセルに似たUIでパソコンを使える人なら誰でも簡単にロボットが作れます。

日本は人口減少時代に突入し、人出不足は深刻なものになると予想されます。そんな時代においても、一人ひとりが能力を充分に発揮し、豊かな働き方を実現できるよう、確実に任務を遂行する『ゴルゴ13』のように、『RPAロボパット』も現場の方々に寄り添いながら、企業の業務改善を実現するパートナーとしてご活用いただけるよう努力を続けてまいります。

そして、今回『ゴルゴ13』とのプロモーションを通して、多くの方に「RPA」という存在を知って頂き、働き方改革推進の一助となれるような役割も果たして参りたいと考えております。

【会社情報】
会社名:株式会社FCEプロセス&テクノロジー
所在地:東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル10階
代表:代表取締役 永田 純一郎

「業務プロセスを新たなテクノロジーによって『構造的』に革新し、人の『価値ある時間』を創り出す」という理念の基、 『RPA Robo-Pat(ロボパット)』を通して、企業の業務改善の機会をご提供します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る