流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ベルフェイス

【イベントレポート】顧客の声で、強くなれ!カスタマーサクセスが大きくなる過程で陥る「組織のバラバラ化」その乗り越え方とは?~日本でもっと “カスタマーサクセス” を盛り上げよう!!JCSC#9を開催~

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルフェイス株式会社が運営するカスタマーサクセスコミュニティJCSCは、6月24日(月)にJapan Customer Success Community #9を開催いたしました。

2018年4月から始まった本イベントは第9回を迎え、今回は106名の方にご来場いただきました。
今回はHENNGE株式会社 渋江 良彦さん、マルケト 森山 裕之さんにご登壇いただき、組織拡大の中で陥るバラバラ化とその乗り越え方についてお話しいただきました。

◆イベント風景

◆カスタマーサクセスとは
自社の利益や成長のために顧客を支援するという考え方ではなく、顧客の成功を第一目的とする思想・組織のこと。従来の「カスタマーサポート」とは異なり、受動的に顧客支援をするのではなく、自社から積極的に顧客の成功を考え、能動的にアクションを起こし、顧客を成功へと導くことを目的とする。

◆カスタマーサクセスが注目される理由
近年ではSaaS業界を中心に、サブスクリプション型のビジネスモデルが普及している。サブスクリプションモデルとは、利用者が「モノを買う」のではなく「利用期間に応じて費用を支払う」という方式のこと。
これまでの多くのビジネスは、パッケージ型商材のように初期に大きな費用を払うことでサービスを利用するモデルだったが、現在ではインターネット上でサービスを提供する月額課金の方式が浸透してきている。
このビジネスモデルの変化により、いかに継続してサービスを利用していただけるかが企業のストック収益獲得の鍵となる。

◆JCSC(Japan Customer Success Community)とは
ベルフェイス株式会社が運営する、日本で唯一のカスタマーサクセスに挑戦する人たちのためのコミュニティ。
「カスタマーサクセス」について情報交換、議論をし、カスタマーサクセスという概念を日本に浸透、活性化させることを目的とする。発足以来、カスタマーサクセスに力を入れている企業を中心に、大きな注目を集めている。

◆次回開催予告
次回テーマ:「これまでのオンボーディング手法をぶち壊せ!~SmartHRのカスタマーサクセス、進化の形~」

■当日のトークテーマ
・オンボーディングチームがなくなる…?新しいオンボーディングの形とは?
・オンボーディングは成果が出ていた。どんな内容?そしてなぜ形を変えるのか?
・SmartHRのカスタマーサクセス組織の遍歴 等

カスタマーサクセスで頑張る皆様、カスタマーサクセスに興味がある皆様、ぜひご参加ください!

開催日時:2019/8/9 (金)  18:30 - 21:30
開催場所:東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー 8F(株式会社SmartHR セミナールーム)
登壇企業:株式会社SmartHR / HENNGE株式会社 / ベルフェイス株式会社
事前予約:https://jcsc10.peatix.com/

◆ベルフェイス株式会社について
『Technology for Sales 勘と根性の営業を、テクノロジーで進化させる』をビジョンとし、営業に特化したWeb会議システム「bellFace」を提供するSalesTechベンチャー。

◆会社概要
名称   :ベルフェイス株式会社
設立   :2015年4月27日
代表取締役:中島一明
住所   :〒104-0031 東京都中央区京橋3丁目1番1号 東京スクエアガーデン14階 WeWork
資本金  :11億5,891万円(資本準備金含む)
出資企業 :インキュベイトファンド/株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
      SMBCベンチャーキャピタル株式会社/YJキャピタル株式会社/キャナルベンチャーズ株式会社
事業内容 :営業に特化したWeb会議システム「bellFace」の開発・販売
      インサイドセールス コンサルティング、ビックデータ解析及びコンサルティング
会社HP  :https://corp.bell-face.com/

◆本件に関するお問い合わせ先
ベルフェイス株式会社
TEL   :03-4400-1826
直通   :070-1486-3364(広報担当:小正 一葉/こまさ かずは)
email  :pr@bell-face.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る