流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

株式会社パレード

二酸化炭素を排出しない新しい発電システムに挑む!小説『飾られた過去』がついに発売。

このエントリーをはてなブックマークに追加

パレードブックスは、2020年5月31日(日)に『飾られた過去』(著者:葦原司瀬)をアマゾン限定で発売いたします。

パレードブックス新刊

『飾られた過去』(著・葦原司瀬)
パリ条約発効から、遅々として進まない二酸化炭素排出量削減。効果的な削減策がない中、日本で開発された技術で、二酸化炭素を排出しない新しい発電システムは成功するのか。既得権理と利権が渦巻く電力業界で果たして、スタートできるのかを描いた企業小説である。

熊田洋輔は、火力発電プラント事業部の課長として働いていたが、二酸化炭素の排出量削減の国際合意ができてから、事業はじり貧状態になりつつあった。起死回生の技術はないかいろいろと探す中、偶然立ち寄った本屋で見つけた本にくぎ付けになる。本当に物になるか不明だったが、なんとか実用化試験に漕ぎつけた。しかし社内でも極秘に進めていたにも関わらず、ある日から尾行が付くようになり――

本について

あらすじ
熊田洋輔は、火力発電に代わる新たな技術がないか模索している中、本屋で偶然みつけた「燃える海水」という本をもとに、研究開発、実用化ができないか、極秘で社内検討することに。ついに研究所での研究、実用化試験ができるようになり、本の著者で啓示を直接受けた辻村氏を研究所の顧問として迎え、本格的な実験に取り掛かった。
しかし、従来の電力業界の既得権益者、利権が渦巻いており、一筋縄ではいかない。競合他社も似たような技術開発をしている情報もあり、遅ければ開発投資も無駄になるため、一刻も早く実用化する必要があったのだ。社内の抵抗勢力からも何とか切り抜け、実際に発電所として使えるレベルの出力を得られるようになった。
それから、実際の100万キロワットの発電所を建設して売電事業も同時に始めたことを契機に、内外それぞれの実情にあわせて売り込んでいった。
5年もすると、洋輔たちの開発した発電プラントは世界中で販売されるようになった。それと付随して、日本の二酸化炭素排出量は次第に減少していったのだ。

著者プロフィール

葦原司瀬(あしはら・しせ)
1952年生まれ、出身は鳥取県米子市、1972年電電公社(当時)に入社し、線路関係の業務に従事し、1980年代後半から国内外の海底ケーブル建設、保守工事等に従事して、2012年退職。以後フリーで海底ケーブル関係の仕事をしており、仕事の合間に執筆。現在でも、依頼があれば従事している。(海底光ケーブルシステム等の執筆にも主編集者として従事)

著者コメント
現環境大臣はもとより、日本政府としての二酸化炭素排出削減策で効果的なものは何もないし、原子力も行き詰まり感が大きい。日本で早く二酸化炭素排出削減に対して、抜本的かつ効果的な技術開発をしてほしいという強い気持ちから、この本を執筆した。

書籍情報

書籍:飾られた過去
著者:葦原司瀬
出版社:パレード
発売日:2020年5月31日
ISBN:978-4-86522-231-9
仕様:四六判/上製/76ページ
価格:800円+税
Parade Books:https://bit.ly/2Z7kY6t
Amazon:https://amzn.to/3c8lsfL

出版社情報

母体である株式会社パレードはデザイン制作会社。プロの技術と知識により、優れたデザインと高い品質であなたの本づくり&出版をトータルサポートします。

パレードブックスの自費出版
URL:https://www.p-press.jp
TEL:0120-123455
Mail:paradebooks@parade.co.jp

パレードブックスの書籍紹介
URL:https://books.parade.co.jp

【会社概要】
商号:株式会社パレード
大阪本社:大阪府大阪市北区天満2-7-12
東京支社:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-10-7
代表取締役:原田直紀
設立:1987年10月20日
資本金:4000万円
事業内容:広告企画・アートディレクション、グラフィックデザイン全般、Webサイト企画・制作、出版事業『パレードブックス』

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
#