流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

学校法人追手門学院

2020年度小学校プログラミング教育必修化 追手門学院小で実践中 プログラミング教育の公開授業・事例発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

追手門学院小学校(大阪市中央区、校長:井上恵二)は、2020年度の新学習指導要領において必修化されるプログラミング教育をみすえ、ロボット・プログラミング教育に取り組んでいます。
本年8月9日には、レゴ社の教育部門で、プログラミング教材を教育機関向けに提供しているレゴ エデュケーションによる「今必要なプログラミングの授業とは何か」をテーマにした「レゴ(R) エデュケーション カンファレンス2019」が、追手門学院小学校で開催されることになりました。

追手門学院からは、小中学校で実践しているプログラミング教育の公開授業や、ロボットコンテストの世界大会に5年連続で出場している追手門学院大手前中・高等学校のロボットサイエンス部や学校での取り組みの事例報告を行います。
このほかにも公立小学校での実践報告や講演等多彩なプログラムも準備されています。
西日本では追手門学院小学校のみでの開催であり、本年4月に完成したアクティブラーニング専用の東館と合わせて教育関係者にとって来年のプログラミング教育の参考となる知見を提供できればと考えています。

【ポイント】
○2020年度の新学習指導要領において必修化されるプログラミング教育の実践報告等
○追手門学院の小中学校で先導的に実践している授業を公開、事例報告
○レゴ社の教育部門であるレゴ エデュケーションの主催。西日本の会場は追手門学院小のみ

【概要】
日時:2019年8月9日(金)10時~18時
会場:追手門学院小学校(大阪市中央区大手前1-3-20)
定員:300名(LEGOedu.jp/conferenceから要申込み) ※教育委員会、学校教員が対象
参加費:無料。募集の締め切りは2019年7月31日(水)

追手門学院関連パート:
公開授業1.11:50~12:50 小学校でのプログラミング実践模擬授業
公開授業2.11:50~12:50 中学校でのプログラミング実践模擬授業
事例発表1.福田哲也(追手門学院初等中等部ロボット・プログラミング教育推進室 室長)
このほか、基調講演、ワークショップ、事例報告等多数。
詳細は主催者ホームページ LEGOedu.jp/conference を確認ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る