流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

日本マネジメント総合研究所合同会社

2019年の新春講演に最適:世相や動向・展望を見据える3つの講演プラン(担当:弊社理事長の戸村智憲)を新規リリース【日本マネジメント総合研究所合同会社】

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の人気講師ランキング3位(日経産業新聞しらべ)で世界初の提唱・提言が今の社会を作ってきた戸村智憲が、これからの1年や未来を見据えたお話しをお届け致します。

報道機関各位
2018年10月21日
日本マネジメント総合研究所合同会社

この度、弊社理事長の戸村智憲による、2019年の新春講演にぴったりな3つの講演プランを下記の通りリリース致しました。

【講演プラン1】
「人工知能(AI)・業務自動化(RPA)・先端ITと社会の動向・展望: 第4次産業革命・ソサエティー5.0へと向かう社会での新たな商機と勝機」
<講演項目例>
・人工知能や業務自動化・ドローンや自動運転など先端ITの今とこれから
・人工知能 x 働き方改革で見据えるポイント
・人工知能 x 社会で見据える新たな動向
・人工知能や業務自動化など先端ITによる商機と勝機
・2019年の大胆予測!これからこうなる先端ITと生き方働き方社会のあり方
・ここがポイント!: IT企業の成長を左右するこれからの動向
・ここを活かす!: ユーザ企業でのIT戦略とこれからのあり方
など

【講演プラン2】
「SDGs・ESGで変わる&変える戦略的な企業経営と社会のあり方」
<講演項目例>
・SDGs・ESGによる「営利活動を通じた社会問題解消アプローチ」((C)戸村智憲)のあり方
・「儲かれば何でもいい」から「儲けながら社会に役立ちもっと儲かる」戦略への転換
・具体的にどうすればSDGs・ESGに無理なく対応できるのか?
・コーポレートガバナンス(企業統治)をめぐる議論のすれ違いを整理する: 現代の奴隷制度的な「企業は誰のものか」の議論から「企業は社会でどうあるべきか」への転換とガバナンス主体と定義の再整理
・機関投資家や各種ステークホルダーとの「協働」「対話」と「SDGsウォッシュ」などの問題を超えて・・・
・2019年にここが問われる!SDGs・ESGの今年の課題と注目点
・SDGs・ESG関連トピックス: うっかりはまる落とし穴と健全な成長へ向かうための対策
など

【講演プラン3】
「消費税増税でどうする?どうなる?景気・経営・税の理解はやわかり講座」
<講演項目例>
・消費税の増税と軽減税率の措置や景気への影響や気になる問題
・消費税の増税・軽減措置での体系的な整理とクイック解説
・身近な「3つの問題」を通してみる軽減税率のはやわかり解説: どっちが8%でどっちが10%か?問題1.栄養ドリンク問題、問題2.牛丼問題、問題3.ミネラルウォーター問題
・結局、企業経営や現場で何をどうしておけば良いか?
・IT活用での面倒な対応を一気に省くかしこい対応策
・消費税増税への対応でお金がもらえる?活かすならこの対策
など

※最新動向や社会状況に応じて、上記内容などは適宜改訂・修正させて頂く可能性がございます。

(上の写真: 某ホテル大会場での大規模イベント基調講演のひとこま)

【戸村智憲のプロフィール】
 世界を見渡しても唯一の存在となる弊社理事長の戸村智憲をご紹介致します。
 戸村智憲プロフィール: https://www.jmri.co.jp/Profile.tomura.pdf
 弊社公式の理事長ブログ: https://ameblo.jp/tomura777/ 

元、国連勤務(専門官)で日本でダイバーシティ経営・働き方改革やハラスメントなど人権問題が注目される以前から世界標準の対応を実践・指導。

(上の写真: 小型機パイロットとして飛行中のひとこま)

日本の民間企業の経営者として、指導内容を口先だけでなく実践する上でも経営者として1年間の育休取得・3年間の家庭最優先期間(遠方の出張のお断りや「仕事を顧みず家庭に没頭する」ワークスタイル)を過ごし、飛行機パイロット・第1級小型船舶操縦士・ドローンのパイロット。

(上の写真:現在5歳となる息子が小さいころのだっこひもでの育児中のひとこま)

(上の写真: 現在5歳となる息子が小さいころの沐浴のひとこま)

(上の写真: 現在5歳の息子による強烈な寝相でのベッドルームでのひとこま)

人工知能(AI)・先端ITやダイバーシティ&インクルージョン・働き方改革、ハラスメント対策など人権啓発やコンプライアンス・監査・リスク管理をはじめ、防災・減災・事業継続・災害対策など、各テーマで学会レベルや上場企業役員の指導・基調講演からお茶の間目線でのかみ砕いた楽しく学べる入門レベルまでの指導やメディア出演なども行う。

(上の写真:テレビ出演の本番前のひとこま)

日本の人気講師ランキング3位(日経産業新聞の特集記事にて)にランクインし、硬軟とりあわせたバカ正直でも不真面目でもない「非まじめ」でしなやかに強く大胆にコツコツ取り組む生き方・働き方を推進中。

(上の写真: 元グーグル社長の村上さんと特別対談前のひとこま)

(上の写真 左:セキュリティ大手ラックの社長の西本さん、右:電気通信大学の教授で制御系システムでの第一人者の新さんとの雑誌鼎談でのひとこま)

(上の写真: 青学会計サミットにパネリストとして招かれた際に青学教授の八田さんからツーショット記念写真を依頼された際に、座右の銘をサインとともに贈呈した際のひとこま)

各界のトップ・指導者と共に活動や各分野の普及啓発にも努める。人工知能・先端IT関連では、特別対談のお相手として、元グーグル社長の村上さん、情報セキュリティ対策の鼎談のお相手としてラックの社長の西本さんや新教授、監査・内部統制では青学会計サミットのパネリストとして招かれ八田教授のお相手としてなど、各方面で実践と指導、専門性とわかりやすさ、を大切にして、経営視点・現場感覚・コスト意識・「お互いに幸せになりあう」対応の4つを軸に活動中。

(上の写真: 釜山での韓国経済界のトップ陣・大学・産官学と弊社での国際協定締結式のひとこま)

(上の写真: 釜山での韓国経済界のトップ陣・官僚幹部・大学・産官学と弊社での国際協定締結式レセプションのひとこま)

国際的な活動としては、韓国のプサンにて韓国経済界・産官学で弊社と国際協定の締結により、ITの普及啓発や相互交流の推進などにも関わる。

激甚災害などに際しては、本業で儲けたお金を社会貢献に費やす営利企業における社会貢献策を進め、本業のひとつでもある防災・災害対策指導を指導料無償で提供中。
最新例:胆振東部震災の支援 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000025058.html 

(上の写真: 監査女子会でのひとこま)

現場でいやがられる監査ではなく、会社を良くする付加価値ある監査と監査人の地位向上やダイバーシティ対応に向け、弊社により社会貢献活動として「監査女子会」を開催。エラそうな会長は置かずフラットにして、弊社理事長の戸村は会長ではなく「執事」として活動中。
 監査女子会: https://www.jmri.co.jp/k-women.html 

(上の写真: 地方創生・ドローン活用での現地における活動中のひとこま)

(上の写真: 某上場企業での講演会で登壇中のひとこま)

さまざまなシーン・対象者に応じて学会レベルからお茶の間視線での対応まで硬軟取りあわせた対応

【SDGsについて】
地方自治体も官公庁も企業も注目: 国連で指導し民間企業の経営者にもなっている人材は、少なくとも、日本では戸村ひとりだけかと思われます
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000062.000025058.html

【ESG・ダイバーシティ経営・SDGs】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000025058.html

【人権・倫理・ハラスメント対策】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000043.000025058.html

【金融機関・商工会議所・業界団体向け】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000025058.html

【防災の日・安全大会向け】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000025058.html

【新任役員向け】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000025058.html

【IT企業・ユーザ会・IT業界団体やITテーマ向け】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000050.000025058.html

【人工知能・先端IT・第4次産業革命などのIT関連テーマ向け】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000025058.html

【人手不足対策・離職リスク対策テーマ向け】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000025058.html

【自治体向け】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000025058.html

その他、各種特設テーマやフルカスタマイズでの特別コンテンツなど、もろもろございますが、まずはご参考例までに。その他のプレスリリース一覧: https://www.jmri.co.jp/information.html

お仕事・講演・取材などのご依頼・ご相談は、下記のフォームから承っております。
ご依頼・ご相談フォーム: https://www.jmri.co.jp/contact2.html

(上の写真: 2年ほど住んでいたハワイの草原で乗馬中のひとこま)

BS11『インサイドアウト』自動車会社のリコール問題とリスク管理
1時間番組を10分弱のダイジェストで公開中
YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=aSYXnNstGcw 

某通信会社でのオンラインセミナーの楽しく学ぶ工夫例
定型アナウンスの工夫例ご紹介(飛行機の機内安全ビデオ的パロディ動画):
 https://www.youtube.com/watch?v=Mc4gQA1Ez7Q
戸村の日本初の創作昔話による「ビジネス童話」デモ講義動画:
 https://www.youtube.com/watch?v=YJi3KmSIaUc
日本初ジャンルの開拓・リリース:「ビジネス童話」 
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000025058.html

(上の写真: コーポレート・ガバナンス・アワード大賞選考委員長として講演・大賞受賞者発表のひとこま
 「勇気あるガバナンス大賞」「勇気ある監査役大賞」「勇気ある通報者大賞」のコーポレート・ガバナンス・アワードについて: https://www.jmri.co.jp/cgaward.html

【弊社の「社会貢献出版」を無料で書籍公開】
社会貢献出版について: https://www.jmri.co.jp/donate-books.html

【第1弾: 本業を通じた社会貢献:CSV経営の書籍】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000025058.html

【第2弾: CSR概論の書籍】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000025058.html

【第3弾: ダイバーシティ経営の書籍】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000025058.html

【第4弾: リーダーシップの書籍】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000063.000025058.html

【第5弾: プライベートジェット・ビジネスジェットの世界の書籍】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000025058.html

【第6弾: ビッグデータの書籍】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000066.000025058.html

【第7弾: 自治法改正・地方自治体の内部統制・監査対応の書籍】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000068.000025058.html

(上の写真: 富山県の呉西圏域への企業誘致・地方創生イベントにおける基調講演担当の際の案内
       富山県6市長と共に登壇 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000025058.html

【これまで誰もなしえなかった提唱や知財や経営手法開発で保有しているものも多数】
〇世界初で「災害時ドローン派遣チーム(DDAT)構想」を提唱
〇世界初で「わが町・村にも空港を!」が合言葉の「ドローンエアポート構想」を提唱
〇世界初で収益戦略とリスク管理の両面をバランス化しコーポレート・ガバナンスに活かす第4世代バランススコアカードを提唱・学会発表・出版。米国のBP Trend誌でも論稿が掲載。
〇世界初で東日本大震災前の早期からクラウドコンピューティングが災害対策に活かされるものとして危機管理型クラウドを提唱・学会発表・出版。
〇世界初でIFRS(国際財務報告基準・国際会計基準)についての経営視点でどのような変革をもたらすかIFRSインパクトマップを開発しIFRSリテラシーとして発表。
〇世界初でビッグデータを経営でどのように戦略的に活かしていけば良いかについて経営視点でまとめたビッグデータ・インパクト・マップやビッグデータ戦略マッピングを開発・提唱し、CEATEC JAPAN 2014基調講演でも登壇。
〇世界初の「ビッグデータ・ストラテジスト」として経営視点からビッグデータ戦略について指導。
〇世界初で日本版COSOモデル完全準拠の内部統制意識/実践状況調査ツールを開発。毎日新聞全国紙でも掲載。パンフレットはコチラ。
〇世界初で統合的全社的リスクマネジメント(iERM)経営手法・構築手法を開発し、リスク管理の指標管理に必須でバーゼル対応としても日銀や各金融機関が用い大手のIT企業のツールや監査法人トーマツなどでも利用されているKRI(キー・リスク・インジケーター)やKCI(キー・コントロール・インジケーター)の登録商標や知的財産権を持つ。
〇世界初で「リスク管理型ビッグデータ」の提唱・発表(日本最大級のITカンファレンスのCEATEC JAPANなどにて)東日本大震災より以前にクラウドが防災・減災・リスク管理・危機管理・DR等に活用すべきものであることを提唱し、国際CIO学会などでも招聘されて講演を行う。震災後、日本のITベンダーがこぞって戸村の提唱する危機管理型クラウドに沿ったソリューションをリリースするなど、世界的なオピニオンリーダーとしても活動する。当初はIT関連の大御所たる大学教授やITアナリストに、クラウドでリスク管理や防災対策などあり得ないと一笑に付されながらも、地道に普及啓発に取り組み、日本のクラウド界では危機管理型クラウド抜きにクラウドが語られないほど普及するに至る。
○世界初で実効性ある防災訓練・危機管理訓練へカード・シャッフル式トレーニングを開発し、NHK(Eテレ)「めざせ!会社の星」にてビル1棟借り切った実際の会社での「臨機応変力」を養う実践訓練のロケやスタジオトーク、公開一般観客さまを巻き込んでの「戸村式 防災白熱教室」コーナーを担当。東日本大震災以前より形式的な防災・危機管理ではなく実践的な対応の普及啓発に努めてきた。
〇世界初で『監査コミュニケーション技法』を開発・提唱・出版。
〇世界初で『監査マネジメント技法』を開発・提唱・出版。
〇世界初で『監査心理学』を提唱・出版。
〇世界初で「勇気ある監査役大賞」の創設・顕彰。監査役はとかく「看過役」に陥りがちな中で、まっとうに企業統治の重責の一翼を担う者として健全かつ妥当なバランス感ある監査役の育成に努める。
〇世界初で「勇気ある通報者大賞」の創設・顕彰。通報者・告発者はとかく正しいことをすればするほど社会から疎外されたり色眼鏡で見られたりする中で、まっとうなことをまっとうに実践された方々に敬意を表し、通報をいたずらにあおることなく社会的に正しいことをする方々を応援する風土を醸成し、ブラック企業問題・秘密保護法による公益通報の委縮などの問題解決に向けた活動を推進。
〇世界初でコーポレート・ガバナンスと内部統制の統合的経営アプローチとしての「統合的内部自治(Integrated Internal Governance)」を提唱・出版・指導。
※その他、最先端の提唱・提言・開発などや保有知財も多数。

(上の写真: 福井県大野市での2018年11月9日開催予定の人権講演
       https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000080.000025058.html)

【戸村智憲プロフィール】
A4縦1枚(両面)プロフィール: https://www.jmri.co.jp/Profile.tomura.pdf
プロフィール詳細: https://www.jmri.co.jp/message.html

以上でございます。

本リリースに関するお問い合わせ先:
日本マネジメント総合研究所合同会社
理事長 戸村 智憲
107-0062東京都港区南青山2-2-8 DFビル5階
電話:03-6894-7674  FAX:03-6800-3090
メール: info@jmri.co.jp
ウェブ: https://www.jmri.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る