流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

株式会社アイデミー

AIの内製化支援を行うアイデミーと業務特化型機械学習プラットフォームを提供するブレインズテクノロジーがDXについて語る無料オンラインセミナーを開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

これからのDX~環境の変化に強いAI活用企業になるには~

AI人材の育成から実運用まで一気通貫で支援する株式会社アイデミー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 石川聡彦、以下「アイデミー」)は、エンタープライズ企業向けのITサービス(業務特化型機械学習プラットフォーム、エンタープライズサーチ)を開発、提供するブレインズテクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:濱中佐和子、以下ブレインズテクノロジー)と共催にて、無料オンラインセミナーを7月28日に開催いたします。
AIプロジェクトを推進する人材を育成し、実運用プラットフォームを提供するアイデミーと、ブレインズテクノロジーの共催により、DXの筆頭であるAI活用における一貫した支援についてお話します。

【開催の背景】
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、人々の暮らしや企業活動は大きく変わりました。今後、新しい社会様式である「ニューノーマル」が浸透した世界に企業が順応し、生き残っていくために必要なDX(デジタルトランスフォーメーション)やAI(人工知能)の活用について、アイデミーとブレインズテクノロジーそれぞれの視点から事例を用いてお話します。本セミナーは、ブレインズテクノロジー株式会社取締役 榎並 利晃氏とアイデミー執行役員CTO 清水 俊博による講演形式のセミナーです。また、特別ゲストとして、アマゾン ウェブ サービス ジャパン デジタル・トランスフォーメーション本部・本部長 広橋さやか氏をお招きし、基調講演を行います。

【開催概要】
長年IoTやMLなど先端技術の商品化に携わってこられたブレインズテクノロジー榎並氏、7月にCTO(最高技術責任者)として就任致しましたアイデミー清水、“技術”を基軸に企業のDXに深く関わってきた両者がAIの活用についてお話しします。「今、求められるAI活用とは何か?」「AIを活用するための必要な取り組み」「DX成果創出のため、経営計画は今後修正すべきなのか?」等DX/AI推進に課題を感じている事業推進の担当者様、開発/研究職の皆様、管理職や経営者の皆様にぜひご参加いただきたいです。

■日時
2020年7月28日(火)16:00~17:00

■テーマ
これからのDX~環境の変化に強いAI活用企業になるには~

■プログラム内容
1.基調講演(AWS・広橋氏)「Amazonが牽引するデジタルトランスフォーメーション」 20分

2.アイデミー講演「なぜDXを外部コンサルに丸投げしてはいけないのか?」15分
−DXの本当の目的とは?
-DX/AIを内製化すべき理由
-アイデミーのサービス紹介

3.ブレインズテクノロジー講演「DX時代を切り拓くAI・IoT人材の重要性」15分
-DXの推進パターン
-AI・IoT定着のための人材育成の必要性
-ブレインズテクノロジーのサービス紹介

4.質疑応答 10分

■特別ゲスト
広橋 さやか(ひろはし さやか)氏
アマゾン ウェブ サービス ジャパン デジタル・トランスフォーメーション本部・本部長
大手システムインテグレーターにて、製造業の研究開発部門や組込システム開発のコンサルティングの責任者を経て、IoTのコンサル&SIの責任者として自動運転支援システムや、製造業・流通業などにおけるIoTの構想策定・システム構築などを幅広く担当。現在はAWSのデジタルトランスフォーメーション本部の責任者として、IoTやMachine Learning, Blockchainなどの先進技術を活用してお客様のトランスフォーメーションを支援している。

■登壇者
榎並 利晃(えなみ としあき)氏
ブレインズテクノロジー株式会社取締役/業務執行責任者(CPO)
通信キャリア、家電メーカでシステム開発、運用を経験。その後、アマゾンに入社し、AWSの展開に従事。特に、クラウドを利用したIoTやML利用を事業開発・ソリューションアーキテクトとして推進。お客様と一緒に最新技術を使って課題解決を行うプロトタイプ開発チームを立ち上げ、商用まで導く支援なども実施。

清水 俊博(しみず としひろ)
株式会社アイデミー執行役員CTO
東京工業大学工学部情報工学科卒。新卒でSIerに入社後、株式会社ドワンゴに転職。技術コミュニケーション室長として「エンジニアの生産性を高める」をテーマに働くようになる。その後人事部長、サービス開発本部副本部長(R&D担当)などを歴任。併行して株式会社バーチャルキャストに出向しVPoE兼人事部長として採用やエンジニア組織作りに携わる。2019年にSO Technologies株式会社に入社し、執行役員VPoEとしてエンジニア組織の強化を担う。2020年7月より現職。

■開催場所
オンライン(ZOOMを使用予定)

■定員
100名(先着順)

■参加費用
無料

■参加特典
セミナー終了後のアンケート回答者には、当日のセミナー資料を後日送付します。

■申込方法
下記のconnpassページ「このイベントに申し込む」より、お申し込みください。
https://aidemy.connpass.com/event/181638/

■申込締め切り
2020年7月26日(日)12:00

【株式会社アイデミー】
株式会社アイデミーは「先端技術を、経済実装する。」を企業理念とする、2014年創業のベンチャー企業です。
2017年12月に「10秒で始めるAIプログラミング学習サービスAidemy」をリリースし、サービス開始約2年で登録ユーザー数6.5万人を突破した日本最大級のAI学習オンラインサービスとなりました。
現在では個人向けに留まらず法人向けにもサービスを展開しており、企業のAIプロジェクト内製化に向け、教育研修から事業定義・試作品開発・実運用まで一気通貫でご支援しております。
こうした事業を通じて、「先端技術が経済実装されるまでの壁」を取り除くべく尽力して参ります。

【Aidemyの概要】
Aidemyはサービス開始約2年で登録ユーザー数6.5万人を突破した日本最大級のAI学習オンラインサービスです。 https://business.aidemy.net/?utm_source=press&utm_content=200708
1.10秒で演習開始 – PCへの環境構築は不要で、インターネットブラウザ上でプログラミングができます。
2.今話題の技術を習得可能 – ディープラーニングや自然言語処理など、いま話題の技術を習得できます。
3.無料から始められる – 一部の講座は完全無料にてご受講いただけます。

【株式会社アイデミー概要】
会社名:株式会社アイデミー
所在地:東京都千代田区神田小川町1-1 山甚ビル3F
代表者:代表取締役社長 石川 聡彦
設立:2014年6月
URL:https://aidemy.co.jp/
株主:経営陣, 東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC), Skyland Ventures, 大和企業投資, ダイキン工業,
テクノプロ, 東京大学協創プラットフォーム開発(東大IPC), 千葉道場ファンド, 個人投資家
事業内容:AIに強い人と組織体制を構築するためのオンライン学習サービス「Aidemy」、機械学習モデル運用プラットフォーム「modeloy」の提供
プレスキット:https://aidemy.co.jp/news/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る