流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

株式会社毎日放送

浪花のモーツァルトが「かに道楽」のCMソングの誕生秘話を激白!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 “浪花のモーツァルト”の愛称で知られる作曲家のキダ・タローが、2月20日放送のMBSテレビ『水野真紀の魔法のレストラン』で、関西人なら誰もが歌える「かに道楽」のCMソングのマル秘エピソードを告白する。

 今回の放送は、よゐこ有野晋也と鈴木紗理奈をゲストに迎え、冬の味覚・カニの謎を徹底解剖する内容。1960年の創業以来、連日満席の大賑わいを続ける「かに道楽」の人気の秘密を紹介するVTRでは、「獲れ獲れぴちぴち かに料理」の歌詞が有名なCMソングを作曲したキダ・タローが登場。名曲の誕生秘話を語る中で、「キダ・タローにとって『かに道楽』のCMソングはどんな曲だった?」というクイズが出題される。有野&鈴木ペアは「儲かった曲」、レギュラー出演するV6長野博&ロザン菅ペアは「すぐ出来た曲」と解答。“芸能界のクイズ王”ことロザン宇治原も「速くできた曲」と答えるが、その後にもうひとつ迷ったという「儲からなかった曲」に解答を変更する。
 解答でキダは「これまで何千曲作曲させていただきましたけど、『かに道楽』のCMソングは、僕が作曲したCMソングの中で一番短時間で出来た曲なんです」と語り、作曲時間はたった10分だったことを打ち明けてメンバー全員が驚きの声を上げた。クイズは長野&菅ペアが見事正解し、もともと正解を掲げていた宇治原は、番組の“オーナー”を務める水野真紀が解答を変えるように誘導したとクレームをつけ、メンバーの笑いを誘っていた。
 番組では、キャイ~ンのウド鈴木が、激安で人気の「カニバスツアー」に潜入調査したVTRも伝える。この模様は2月20日(水)よる7時からMBSテレビ『水野真紀の魔法のレストラン』で放送される。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る