流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

デロイト トーマツ グループ

デロイト トーマツ グループ FC今治のソーシャルインパクトパートナーに

このエントリーをはてなブックマークに追加

デロイト トーマツ グループ(東京都 千代田区 CEO:永田高士)はJ3リーグ(J3)に所属するFC今治(愛媛県今治市 代表取締役会長:岡田武史)のソーシャルインパクトパートナーとして、FC今治が掲げるサッカーに留まらない持続可能な社会の構築に向けた幅広い取り組みを応援します。

デロイト トーマツ グループでは、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(DTC)が、2015年から5年間、クラブが目指しているOKADA METHODによる日本のサッカーの『型』づくり、スポーツを軸とした地方創生・国際交流といったビジョンとチャレンジを応援するとともに、コンサルティングファームならではの知見・経験・ケイパビリティを活かし、クラブ運営に関して様々な支援をしてきました。

FC今治がJ3昇格を迎えた大きな節目である2020シーズンからはDTCに留まらず、スポーツビジネスやスポーツアナリティクス、地方創生やSDGs推進支援など様々なプロフェッショナルの知見を有するデロイト トーマツ グループ全体で、次世代の社会創りを共に推進するパートナー=ソーシャルインパクトパートナーとしてFC今治の更なる飛躍を支援します。

具体的には2019年より行っているホームゲームでの観戦体験向上プロジェクトの継続やスポーツを核とした地域活性化モデルの検討、環境教育、デジタルマーケティングなどの支援を行うほか、「スポンサーアクティベーション」の観点からスポーツとビジネスの持続可能な関係性の構築をクラブと共に追求します。

デロイト トーマツ グループでは、Jリーグのオフィシャルサポーティングカンパニーとしてアライアンス契約を締結しており、こうした実績も踏まえ、FC今治への支援を通じて、地域活性化や持続可能な社会創りに貢献します。

■株式会社今治. 夢スポーツ 代表取締役会長 岡田武史氏 コメント

5年前に東京から遠く離れた今治でサッカークラブのオーナーになった時、皆に驚かれましたが、当然ながら力を貸してくれる人はあまりいませんでした。
そんな時に、私の夢に一緒にチャレンジしようと言ってくださったのがデロイト トーマツ コンサルティングさんでした。そのご恩は絶対に忘れません。
そして今年からはソーシャルインパクトパートナーとして、デロイト トーマツ グループ全体でサポートしてくださることになりました。パートナーとして、心の豊かさを大切にする社会づくりに向けて共に歩んでいただけることに心から感謝しています。

■デロイト トーマツ グループとFC今治の取り組み

【FC今治概要】

クラブ名:FC今治
設立年月日:2012年2月1日
ホームタウン:愛媛県今治市
ホームスタジアム:ありがとうサービス.夢スタジアム
所属リーグ(2020年):日本プロサッカーリーグ(J3)
運営会社:株式会社今治.夢スポーツ
FC今治公式サイト:http://www.fcimabari.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る