流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

株式会社日本計画研究所

厚生労働省:健康診査等情報の活用にむけた政策の最新動向と重点課題【JPIセミナー10月24日(木)開催】

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康診査等結果の標準的な電磁的記録 健康増進事業実施者における健診結果等情報の活用 健診結果等情報の本人への開示及びその後の活用

日本計画研究所は、厚生労働省 健康局 健康課 課長補佐 堀松 高博 氏を招聘して下記の通りセミナーを開催いたします。
セミナー終了後には、講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたしますので、ビジネスに役立てていただける構成となっております。

〔詳細・申し込み〕https://www.jpi.co.jp/seminar/14727

〔タイトル〕
厚生労働省
健康診査等情報の活用にむけた政策の最新動向と重点課題
健康診査等結果の標準的な電磁的記録
健康増進事業実施者における健診結果等情報の活用 健診結果等情報の本人への開示及びその後の活用

〔講義概要〕
健康診査は、疾病を早期に発見し、早期治療につなげること、健康診査の結果を踏まえた保健指導等を行うことにより、疾病の発症および重症化の予防並びに生涯にわたる健康の増進に向けた自主的な努力を促進する観点から実施してきた。厚生労働省では、健康増進法において「健康増進事業実施者に対する健康診査の実施等に関する指針」を定めているが、データヘルス改革の流れもあり、今般指針の改定を行ったのでその内容及び今後の課題について詳説する。

〔講義項目〕
1.健康診査について
2.健康診査結果等の継続の在り方について
 (1)健康診査結果等に関する最近の動向
 (2)健康診査結果等の現状と展望
3.健康診査結果等の標準的な電磁的記録の形式について
4.健康診査結果等の保存期間について
5.健康診査結果等の本人への開示及びその後の活用について
6.関 連 質 疑 応 答
7.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

〔講  師〕厚生労働省 健康局 健康課 課長補佐 堀松 高博 氏

〔開催日時〕2019年10月24日(木) 13:30 - 15:30

〔会  場〕港区南麻布/JPIカンファレンススクエア https://www.jpi.co.jp/access

〔 参加費 〕
▶民間参加費 1名 : 33,920円 (資料代・消費税込)
 【正規申込1名に付、同社より1名無料同行可(要登録)】
▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待 (ホームページからのお申込みに限る。)

【お問合せ】
JPI 日本計画研究所
〒106-0047東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL.03-5793-9761  FAX.03-5793-9766
URL  http://www.jpi.co.jp

【株式会社JPI(日本計画研究所)】
“「政」と「官」と「民」との知の懸け橋”として国家政策やナショナルプロジェクトの敷衍化を支え、国家知の創造を目指す幹部・上級管理職の事業遂行に有益な情報をご参加者を限定したリアルなセミナーという形で半世紀、提供し続けています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る