流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

インパクトホールディングス株式会社

大阪Private Show開催のお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

~省人化に対応した売場コミュニケーション~

 流通・サービス店舗に特化したアウトソーシング事業を展開するインパクトホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 福井康夫、東証マザーズ・証券コード:6067)の子会社で、デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供を行なっている株式会社impactTV(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 川村雄二)は、大阪オフィスにて、Private Showを開催いたします。

2019年7月東京本社Private Showの様子

◆開催背景・目的
 昨今、売場では人手不足、スキル不足の顕在化に加え、滞留の短時間化に対応した最適施策の設計が課題となっています。また流通・小売事業者とメーカー間で良好な関係性を生む鍵は、これら課題に対する共通認識。そして解決していく手段としての機材・ツール、そしてデータ活用となります。当社が20年を超える店頭販促領域でのサイネージ事業で培った解決ノウハウと技術。店頭領域を超えた開発要望にも応えたソリューション。ヒューマンリソースを抱えるホールディングスのグループ総合力とともにワンストップで皆様へご案内すべく、大阪オフィスにてPrivate Showを開催いたします。
7月に東京本社にて開催したPrivate Showで好評をいただいた中から選りすぐりの製品・サービスをご覧いただけます。

◆開催日程
●期間:2019年9月2日(月)~同9月13日(金)※土日を除く
●時間:10:00~17:00(最終受付16:30)
●場所:株式会社impactTV大阪オフィス
●住所:〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町1-5 三共梅田ビル5F
※内覧会は無料です。
※お問い合わせ先: 06-6467-4700 株式会社impactTV大阪オフィス 営業部

◆ご案内ソリューション(一例)
●店員不足、スキル不足の解消(省人化対応コンテンツ事例、TTO端末)
●行動データ、センシングからデータ・ドリブン促進(新サービスimpact BB、棚視聴サーチ)
●アイキャッチ強化(75インチハーフ、小型3D、バーサイネージ等)
●壁面等空きスペースの有効活用(大型電子ペーパー等)
※ほかにも、新商品を多数取り揃える予定です。展示品は予定のため、変更になる場合があります。

◆アクセス

<アクセス>
●JR大阪駅 徒歩9分
●地下鉄御堂筋線梅田駅 徒歩7分

◆ 株式会社impactTV 会社概要
社名 : 株式会社impactTV(インパクトホールディングス株式会社100%子会社)
事業内容 : デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供(企画、製造、販売、運用支援、マーケティング分析)
設立 : 1986年7月
資本金 : 359百万円(2018年12月末時点)
代表者 : 代表取締役社長 川村雄二
本社所在地 : 東京都渋谷区渋谷2丁目12-19 東建インターナショナルビル6F
従業員数 : 35名(2019年1月時点)
WebURL : https://impacttv.co.jp/
EC URL : https://www.amazon.co.jp/impacttv

◆インパクトホールディングス株式会社 会社概要
社名 : インパクトホールディングス株式会社 (東証マザーズ・証券コード:6067)
事業内容 : 流通・サービス業に特化した、インターネット活用型アウトソーシング事業。消費財メーカー向け営業、アウトソーシング、店頭リサーチ事業、マーケティングに関わるシステム開発およびASP展開。調査インフラとして、全国47都道府県のメディアクルー(登録スタッフ)数が28万人を超える。
設立 : 2004年2月
資本金 : 923百万円(2019年6月3日時点)
代表者 : 代表取締役社長 福井康夫
本社所在地 : 東京都渋谷区渋谷2丁目12-19 東建インターナショナルビル6F
従業員数 : 768名(うち正社員245名) ※2018年12月末時点
コーポレートサイト : https://impact-h.co.jp/
サービスサイト  : https://impact-h.jp/

このニュースリリース記載の情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL 等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され発表日と情報が異なる可能性もありますので、予めご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る